雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

服装に無頓着な人

投稿日:

「中身がよければ」というほど中身があればいいのですが、そうでもない人のほうに、外形にも気くばりの足らない人が多いというのが一般的な傾向。服装に無頓着な人がいますが、これではいろいろな面で障害になります。身だしなみに気をつけたらどうですか、というと、この種の人に限って、「要は中身じゃないですかね」とか、「心がよければ」と気軽にいいます。でもそれでいいのでしょうか。

VIP並みの扱いを受けている人は外形もまた一流です。これは多くの人の認めるところでしょう。服装は他人に対して配慮している証拠だから、そのことが逆に、一流と認められているということでもあります。

ジェントルマンは、上下の背広を着たときには黒い靴下を履くのが鉄則である。外務大臣は日本の顔である。背広に色物の靴下を履いているのは、教養とは縁がないという看板を首からぶら下げているようなものだという。日本を代表するようなビジネスパーソンは、男性も女性もだれが見ても恥ずかしくない服装をして、堂々とビジネスの世界で自らの力を発揮しているものです。

服装だけでもマイナスにならないように

人前に出るときには、服装だけでもマイナスにならないように細心の注意を要します。なにも高価で、華美な服装をする必要はありませんが、姿見に映して服装を整え、見苦しくないような身支度をして出ることです。

側近の人でも気がついて忠告したのか、確かめていませんが、外交の場では靴下一つの選択でも人格が問われるということになるのでしょう。話力の中でも清楚な服装など、外形のもつ意味は予想以上に大きいものです。

人間の能力を出しきるなんてとてもできない。人間より大きな力に対し長れ、その力を与えてもらうことが必要だ、という。「恥らい、最れる心をもっていて安心できる」「自然や神を男長れる心をもっていて謙虚である」これらを聡明の条件としてあげる。いろいろな面で聡明さを具体的に示すものをもっていると、注目される。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

苦しみを味わう人ほど強く生きられる

話の内面の密度を濃くしたいというのであれば、意識してものを見、注意力を集中して聴く必要があります。ところで、あなたのうちに追動車があるでしょうか。車の登録番号は何番ですか。さあ答えてください。晴踏せず …

no image

話し方という技術が下手

話が下手だという人の多くは、話し方という技術が下手だということのようです。しかも「私は話すことはたくさんもっているのですが」というのです。はたしてそうでしょうか。話すということはきわめて日常的なことで …

no image

具体的な提案内容がわからなければメリットを検討することができない

具体的な提案内容がわからなければ、メリットを検討することもできません。わからない、検討できないでは、全体として提案そのものを検討することができません。検討できないものを受け入れることはできません。説得 …

no image

頷く心理-癖?特殊な病気の場合も!うなずくと読みます

頷く(うなずく)心理について紹介します。ひとつの頷く動作のなかにも、さまざまな表現や心理があり、言葉と同じように相手に訴えかける力を持っているものです。どんな場合でも、頷くこともせず返事もせずというよ …

no image

言葉そのものを教えるという点で日本の教育は貧弱

日本の場合、家庭での両親の子供に対する言葉の教育は、積極的によい言葉を教えようとするのではなく、子供に悪い言葉を使わせまいとする消極面に重点が置かれているのが普通です。間違った言葉を使ったり、下品な文 …