雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

大切な服をタンスのこやしにしないために

投稿日:

・大切な服をタンスのこやしにしない

おじいちゃん、おばあちゃんからのいただき物や友人からのお古など、いずれ着られるときがくるからと大切にしまっておくて、のだが、いざあれがあったはず、と探し始めてもその服が見つからないということがある。子供の服は、成長するにしたがって量も増えていく。大切にとっておいても、使おうとしたときに出てこないのでは捨てたのと同じだ。大切な服をそんなふうに死蔵しないためにも、子供服は季節や用途ごとに収納するより、単純にサイズ分けして収納するほうが向いている。そのために、衣装ケースにはサイズを明記しておく。そしてそのなかに、そのサイズの服だけを入れておく。こうすれば、いつもらってどうしたかちいち思い出せなくても、サイズだけでただき物を探せる。さらに、次の子供ができたときにお下がりとして使う場合や、友達に頼まれてお古をあげるときも断然ラクである。

運動靴はゴムひもで片づける

とにかく汚れるし、サイズもどんどん変わるから、なかなきれいに下駄箱に収納するというわけにない。運動靴は子供の必需品。とはいっても、子供の運動靴を下駄箱に入れるために、自分が買ったブランド品の靴を捨てるのはだれでもイヤである。ではどう収納したらよいか。この運動靴をうまく収納するには、市販のゴムひもを輪にしたものを利用するのがいちばん手軽。布製やビニール製の運動靴だから、多少つぶれても形崩れの心配はないし、一足ずつ、靴の底が外側になるようにたがいちがいに重ねてまとめれば、コンパクトになり、よりたくさんの靴を収納することができる。

子供靴を2倍収納する賢いアイデア

サイズがどんどん変わる時期は、入りきらないものは思いきって捨てられるが、成長がゆるやかになってくるとそうもいかなくなる。子供がある程度成長すると人数分の靴が増えて、家の玄関にある備えつけの下駄箱は、収拾がつかなくなる。そうしたら、玄関の下駄箱を本当に使いこなせているか、もう一度考えてみよう。アイデアしだいで、それまでの2倍の量が下駄箱にしまえるのだ。まず、靴の箱をとっておいてはダメだ。一見、整頓されているように見えるが、じつはスペースにムダな部分が多い。その代わりに子供靴は、牛乳パックに入れて収納しよう。これならコンパクトに収まるし、バラバラにならない。幼児用なら一つのパックに二足入るものもある。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

収納スペースを作る作業

わたしにしても、できればしないですませたい作業です。しかしこれは、衣類をきちんと整理・整頓したいと思ったら、避けては通れないことでもあります。そう観念して、わたしはスーツ、ジャケット、パンツ、ジーンズ …

no image

CDを床に放りっばなしにしていないか

・CDを床に放りっばなしにしていないか どうせ床に置くなら立てて並べてみよう。ケースに入り切らないCDが、床にあふれて積み上げられている。そのなかに捨ててもかまわないものなんて一枚もない。まず、一列に …

no image

漆喰壁などの補修DIY

漆喰(プラスター)壁。昔の漆喰壁は材料や職人の不足で少なくなり、現在一般に漆喰壁と呼ばれているものは、石膏を主成分とするプラスター壁です。見た目にはほとんど変わりないので、白い漆喰壁として人気は高いよ …

no image

一定量のネクタイを上手に保管する方法

・一定量のネクタイを上手に保管する方法 幅や柄に流行はあり、いつも一定量を保つために古いものは処分するようにしないと、たまる一方。似たようなスタイルになるビジネスマンの、唯一のおしゃれポイントいえそう …

no image

蝶番の取り替え方法

蝶番(ちょうつがい)のねじが緩むと、開閉がうまくいかなくなります。蝶番を取りつける場所に印をつける。印にそってカッターかのこぎりで切込みを入れてから、のみを入れる。のみで細かく目を入れながら、少しずつ …