雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

服はあなたの心理やどんな人間になりたいかを表すシンボル

投稿日:

シーズンごとに新しい自分を作り、自分なりの完璧さを成し遂げられる。それって、洗脳される、ことでもあるんだけどね。私たちはなぜ、こんなバカげたことに騙されてしまうのだろうか?ファッションって、完璧な姿のあくなき追求なのよ。ザ・ルック・オンラインの編集長、マリリン・カーシュナーが言う。私たちは、時にバカバカしいファッションの世界に頭から飛び込んでいく。コルセットといった責め道具みたいなアイテムでさえ、疑うことを知らない人間に無理やり押し付けられたものではなかったのだ。

私たちは無防備な犠牲者であるどころか、自分の意志でファッション・ヴィクティムになっている。スタイル・マゾヒストと言ってもいい。紐できつく縛り上げるこの衣類は、男たちが課した拷問道具のようなものだというのが、ファッション史研究家たちの昔からの見方だった。しかし、コルセットは、文化史でヴァレリー・スティールが論じているように、実は、それは女性自らがもっと力のある存在になろうとして進んで用いていた道具だったのだ。

手っ取り早くイメージチェンジできる手段

ファッションは私たちを脅して、自分はまだまだダメだ、ダサいって思わせておいて、プラダのコレクション、グッチのバッグ、シャネルのジャケット、イヴ・サンローラン(YSL)のペザント・プラウスに、といった新しいものをポンと出してくる。で、数カ月も経てば、さっさと次のものに行く。とどのつまり、服というのは手っ取り早くイメージチェンジできる数少ない手段のひとつなのだ。

ファッションが私たちの生活の大部分を占めるようになった理由については、ほぼ疑問の余地はない。自分がどんな人間であり、どんな人間になりたいと思っているのか。服は、それを目に見える形で示すシンボルである。あなたも一度、手持ちの服や靴のコレクションをちょっと眺めてみてほしい。それらは、あなたがどのような人間なのかを、ストレートに表現しているはずだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

服を変えると人生も変わる

ファッション・テレビの改造コーナーは究極のシンデレラ・ファンタジーとしての役目を果たした(被験者が喜んで参加したのであろうと、そうでなかろうと)。太めの人が体型をカバーする着こなしを学んだり、がっしり …

no image

モデルたちが最後のウォーキングをし挨拶に登場すると

彼はフロアにたむろする各派閥に近寄り、少なくともそれぞれひとりずつから熱い抱擁を受ける。一方では、ミシェル・ベへナーがマイクを握り、カメラマンを従えて会場を練り歩きながら、セレブや有名エディターを探し …

no image

GAPは売上高をのばし世界最大級のアパレル小売業者の座に

サンフランシスコに住むドナルドとドリスのフィッシャー夫妻が一九六九年に立ち上げたGAP。一介の店はやがて、GAP、オールド・ネイビー、バナナ・リパブリックといったブランドを抱える大企業へと見事に花開き …

no image

GAPの世界にある色々な店舗

バークシャー州には、ウィンザー城や、へンリー六世が創立した有名な男子校イートン校もある。こうした歴史あるバークシャー州とその周辺に、GAPが八軒。メイデンへッド店でアルバイト店員をしている学生は、バイ …

no image

インナーはノースリーブがおすすめなワケは?

ディナーなどで、ちょっと肌を見せて華やかにしたいときに、ノースリーブは便利です。二枚で着たときに、腕の部分に変なもたつきを出さないためにも、インナーはノースリーブがおすすめ。ノースリーブですと、ジャケ …