雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

服に対する考え方を変える力を備えていながら変えようとしない私たち

投稿日:

稀有な才能の持ち主でも、ファッション・ゲームに加わらないというだけで憂き目に遭うこともある。たとえば、いまひとつゴージャスな魅力に欠ける女優。映画で圧倒的な演技力を見せたのに、各授賞式でレッド・カーペット上に現れた姿は、クチュールをまとったライバルたちのせいですっかり霞んでしまっていた。今日、着こなし上手であれば、伝説の人にのし上がるのも夢ではない。そこそこの女優が、ただ単にデザイナーズ・プランドのドレスでイベントに現れただけでスクリン・アイドルの座に上りつめるのを、一体何度目にしてきたことか。

服に対する考え方を変える力を備えていながら、めったに変えようとしない私たち。ファッションは、私たちにいろいろとバカげた行動を取らせる。それなのに、なぜそれが自分の生活にそれほどまでの重みを持っているのか疑問に思うこともなく、ただ導かれるままに動いている人が多い。水着を買いに行く気がしない、別に毎年買い換えなくてもいいじゃない。猫も約子も、店でよく見かける服、しかも同じ服を着ているのでうんざり?

細いモデルやセレブばかりでムカつく?

雑誌を見ると棒みたいに細いモデルやセレブばかりでムカつく?それなら、どうしてファッション誌を三種類も購読しているの?ハンドバッグの形のはやりすたりにっいていけない?じゃあ、最新スタイルにこだわるのやめたら?とんでもない値段の服ばかりで許せないって?そう言いながら、なんでそんなにお金を使い続けるの?なら、ショッピング・モールで買い物しなければいい。

世界中の何億という人々が、毎年服を買う。彼らは毎朝かなり時間をかけて、どのシャツにどのパンツを合わせるかといったことを考える。だが、そもそもそうした服を買った動機についてじっくり考えてみたことのある人はまずいない。アメリカ人は平均一七二九ドル分の服を買い、業界の年間売上高は二〇〇〇億ドル以上に上るだろうと言われている。そうしたごく普通のアメリカ人のジョー(またはジョゼフィン)は、月に四回モールに買い物に行くといわれているようだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

雑誌の表紙でそのブランドを着ると言い張ることがある

親しいデザイナーのいるセレブの場合、雑誌の表紙でもそのブランドを着ると言い張ることがある。特定のデザイナーと付き合いの長いスターを使わなければならない時には、そのデザイナーの服を着たいと言われる公算が …

no image

スリムな体型へ-秘密兵器的ファッションの裏ワザ

・スリムな体型への秘密兵器 少しゆとりのあるシルエットのほうが賢明でしょう。でも、たいていの場合、無意識のうちにタイトな服を選んでしまうのです。やや太り気味の人が注意すべきは、細身の服を着ないことです …

no image

値の張るラグジュアリー系ファッションには

シンシナティ大学でファッション・デザインのコーディネーターを務めるマージー・ヴォルカー=フェリアが言う。「大量にTシャツを作れば値段は安くなりますが、数百着しか作らない場合には、一着あたりの値段は跳ね …

no image

パリ16区やヌイイなどの高級住宅街のマダムのオシャレ

・パリのマダムのエレガンス 一六区とヌイイは、パリの中でも高級住宅街のイメージが強い。そこに足を踏み入れると、アパルトマンのベランダで植木に水をやったり、小さな犬の散歩をするときにさえ、仕立てのよさそ …

no image

タートルネックセーターの着こなし術

・タートルネック・スェーター(セーター)の着こなし方 タートルネック・スェーター(セーターをスェーターとも言います)は、Vネックと並んで基本的なスタイルですから、たぶん一枚や二枚はお持ちでしょう。素材 …