雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

服の買い物で失敗しないための実践的な方法

投稿日:

本気で買い物をするときには、前日の夜から自分を盛り立てることが重要。本気の買い物の日は、なるべく一日を自分のためだけに使えるよう調整します。翌日は、しっかり朝ごはんを食べ、きちんとお化粧をし、まず美容院へ。時間があれば、ネイルサロンやエステにいくのもよし。とにかく、自分を最高の状態にもっていってから、買い物へと出陣するのです。

いくら忙しいとはいえ、髪形はイマイチ、メイクもテキトーだと、洋服を試着しでも、鏡を見るのも悲しくなって、買う気すら起きなくなってしまいます。せっかくの買い物を、ただ漠然とするのはもったいない。自分のことは、自分で盛り立てるべきです。女であることを楽しめる買い物こそ、気分と自信をアップさせて臨みたいものです。きれいな自分でいれば、試着をするのも楽しいし、ちょっと敷居の高そうな店でもとりあえず見てみようという前向きな気分にもなれるんです。

また、次の日パンツを手に入れる予定なら、合わせたいトップスはどんなものなのか、見て考えます。パンツと合わせたいトップスを考えて選べば、買い物での失敗も減るからです。前の晩はクローゼットのチェック。明日のコーディネートもここで決めてしまうのがいちばん。

コーディネートの幹となるアイテム

仕事でもプライベートでも使うような、コーディネートの幹となるアイテムは、着回しができ、それでいて自分に自信がもてるようなものであると、心強いです。プロは一着の服を買うとき、どのくらい着回しができるのかを必ず考えます。気に入ったものを見つけた場合でも、十通りのコーディネートが思いつかないと、潔くあきらめることもあります。買える洋服の数は限られていますから、洋服選びはいつでも真剣勝負で臨みたいもの。

そういうもので、基本のワードローブが構成されていると、何を着てよいのか悩んでいるときや、なんとなく気分が滅入ってコーディネートを考えるどころじゃないときも、それらの中からトップスとボトムスを選んで組み合わせるだけで、とりあえず安心できます。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

バスタイムで時短キレイ作戦-スキンケアはいたってシンプル

・リラックスときれいをアップさせるバスタイム 家に帰ったら、今度は娘や夫とおしゃべりしたり、大好きな読書をしてると、あっ、もう寝る時間!という感じ。スタイリストの仕事を開始。撮影用の洋服をメーカーに借 …

no image

夫の服がダサいと愚痴をこぼす前にやってあげられること

センスのない服装に対して、うちの夫はセンスがなくて・・と、愚痴を言う奥さんがたくさんいます。お父さんの休日スタイルでよく見かけるのは、ポロシャツにチノパンの組み合わせのゴルファースタイル。ベルトは、も …

no image

三つボタンが流行するまでの歴史

今のような上着の原型が完成するのは、19世紀後半のことです。そして直接のデザインとしては、軍服から市民服へと変化したものと考えられています。そういうわけで19世紀末の、初期の上着は四つボタンということ …

no image

クイックレスポンスに拍車がかかってきたファッション業界

デザイナーにメーカー、小売業者、果ては消費者までもが速いペースを保つよう強いられてきた。インデイアナ大学でアパレル・マーチャンダイジングの教鞭を執るデボラ・クリスチャンセン博士が語る。ドナテッラ・ヴュ …

no image

毛皮を使ったデザイナーは大勢いたが

ダラスとサン・アントニオにあるモリス・ケイ&サンズ・ファーズ社は一五%増、ニュージャージー州フレミントンのフレミントン・ファー社は二五%増。かなり前から、ジャーナリストたちが毛皮の復活を吹聴 …