雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

フィットネストレイルでは試してみると楽しい

投稿日:

フィットネス・トレイルには、鉄棒などが設置してあって、ひとつひとつ試してみるのもおもしろい。公園の自然観察路などは、子どもが喜ぶ場所だ。トレイル沿いに点在する掲示板から、その周辺の生態について学べる。次の掲示板を探して見つけるのも楽しみだ。子どもが小さいときや、どの程度のハイクならこなせるかわからないときは、長時間クルマを運転して山へ行く代わりに、こんな手近なトレイルをひんばんに訪れてもいい。

トレイルが平坦なら、キャリアのなかにいる子も降ろして歩かせてみよう。親にとってはそれだけで立派な息抜きになるはずだ。歩き始めてしばらくは、ちびっ子達が一番元気。たっぶり休憩をとれば最後までがんばれる子も多い。私達にも座ってほしそうだけど、そうすると長くなるからたいていは立ったままだ。トレイル脇におもしろそうなものがあれば、寄り道も0K。不思議を愛する心を失ってほしくないからだ。

彼女が先頭に立ってペースメーカーになる

娘が歩くときは、彼女が先頭に立ってペースメーカーになる。脇目もふらず、ひたすら足を交互に運ぶだけなんてつまらない。もっとも、あまりに寄り道が多すぎて距離がちっともはかどらないときは、ダメと言わざるをえないことも。私達はすぐ後ろを突つくように歩かず、安全かつほどよい距離を保っようにしている。彼女がちょっと休憩したいときは、自分で適当な岩などを見つけて座る。歩きたいという気持ちを大切にするべきだと、私は思う。

旅が終わって残るものは、スケジュールではなく、思い出や各人の成長だ。娘の休憩のタイミングに、トッドがいつでも賛成だったわけではない。雨が降りだしそうだとか、キャンプはもうすぐそこだとか。歩きたいときに歩くのをはばめば、何のために山にいるのかわからない。年長の子どもは、最初にガンガン歩いて、あっさり燃え尽きてしまいがち。小さいころからハイキングをして育っていない子は、ペース配分の大切さを知るべきだ、とある母親は語る。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

スキーに子供といく場合、服装などの用意はバッチリと行う

クロスカントリー・スキーは、静謡で美しい自然と一体になれるスポーツ。しかも年長の子どもにとっては、冬のアウトドア技術をまたひとつ身につける機会でもあり、体力やテクニックを試すチャンスなのだ。自分のこと …

no image

一斗缶を改造して極上のチャーシューを焼く方法

アウトドアで、一斗缶を改造して、極上のチャーシューを焼くことができる。横浜中華街でチャーシューが旨いKという店は、炭火の窯で焼いている。それをヒントに、簡単でKに負けない味のチャーシューができる調理器 …

no image

子どものニーズを満たすにはなすべきをなせが黄金のルール

アウトドアでは、ふだん通りにはいかないし、いくら子どもの適応力はスゴイといっても、彼らのニーズは変わらなく切実なのだ。子どものニーズを満たすには、なすべきをなせ、が黄金のルール。これを無視したり看過し …

no image

登山は筋力トレーニングが必要

登山中に腕力が必要なときもたまにはある。たとえば、岩壁の鎖場である。ちょっとした低山でも、急斜面には鎖場が設置されているところがある。あまり鎖に頼るとかえって危険な場合も少なくない。だが、ともかく両腕 …

no image

里山とは?低山とは一体どう違うのだろうか?

亜高山帯の上方は高山帯である。高山帯は標高約二五〇〇m以上で、森林限界(亜高山帯上限)または高木限界から、恒雪帯下限の雪線までの地帯である。低温、低圧、強風、多雨で天候の変動が激しい。この高山帯には、 …