雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

フィッシングベストのおすすめ変身術

投稿日:

・フィッシング・ベストを変身させる

最近では広く、アウトドア用としても使われて、さまざまなデザインとスタイルが出ていることはご存じでしょうが、フィッシング・ベストを着たことがありますか?そうです、あのポケットがたくさん付いたべストのことですでも、本来は魚釣り用として生まれたわけですから、今でも名前としては、フィッシング・ベストが適当でしょう。
数多くのポケットが付いているということは、物がたくさん入れられるわけで、使い方によっては便利かもしれません。その気になればセカンド・バックひとつ分くらいの小物が入ってしまうでしょう。

川や湖の中に入り、フライ・フィッシングを楽しむために重宝したのがそのはじまりなのです。さて、あのフィッシング・ベストでも充分おしゃれを楽しむことができるのです。ものを持たなくても出かけられる、街歩きができる、ということにもなります。

フィッシン・ベストを新調するなら

まずフィッシン・ベストを新調するなら、フィッシング・べストに合わせるスポーツ・シャツを探しましょう。これはべストと色を揃える。また、フィッシン・ベストを選ぶ際は、カーキ色ならシャツもカーキ色、赤なら赤、黒なら黒。つまりべストとシャツを一体化させて着るのが、コツです。洋品店でなく、スポーツ用品店で探すこと。つまりプロ用のフィッシング・べストを一着入手してください。最初はちょっと高いなあ、と思うかもしれませんが、丈夫で長持ちして使いやすく、結局は後で得をするはずです。

こうするとあたかも新しいジャケットのような感じで着こなすことができるでしょう。寒くさえなければこのままでも良いし、もし寒いようなら、この上から直接コートを羽織れば良いわけです。ぜひ一度お試しください。まとめポイントとしては、ベストとシャツの色を揃えて、ジャケット感覚で着こなす、プロ用のフィッシング・べストを選ぶということです。これらを押さえて、フィッシング・べストなどを選びましょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッショントレンドの大きな流れ

トレンドは、ひとつひとつのはやりもの(インディアン・ビンディ、ターコイズ・ジュエリーなど)からもっと大きな流れ(細めのネクタイ、短めの水泳用トランクス、テーパード・パンツなど)まで、あらゆるものを網羅 …

no image

ネクタイはベーシックなものを選ぶといい

・ベイシックなネクタイを持つ ごく単純に考えてべイシックなネクタイとは古典柄ということになります。表現を換えるなら、きちんと人に説明できる柄です。無地、水玉、ストライプ、チェック、ペイズリー、ブロック …

no image

ビジネスシューズの最初の一足の選び方

・ビジネス・シューズ、最初の一足の選び方 紐結びの形式がどうなっているかで、そのスタイルと呼び名が変わってきます。靴の甲から続いて、ごく狭い間隔で靴紐を通すスタイルが、バルモーラル。一方、靴の甲の上に …

no image

食料品の近くにドライ・クリーニング店を出すのは違法

「家庭内でもガスの放散によるパーク被曝は起こりますが、被曝量が非常に少ないので、悪影響が出ることはまず考えにくいですね」。ミシガン州立大学環境毒物学研究所の名誉教授、マイク・カムリン博士が言う。だから …

no image

おしゃれの達人になるための特効薬

・おしゃれのための特効薬 服を買うとき、どこで買うべきか迷ってしまいます。順序としては何を買うかの前に、どこで買うかが問題となってくるでしょう。実際に街を歩いて、店をのぞいてみることも必要です。そして …