雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

FBI上層部のメンバーがキューバを訪れキューバ側の捜査当局と会談

投稿日:

一九八九年、誕生したばかりの初代ブッシュ政権から、ボッシュは大統領による特赦を受けた。これはジェブ・ブッシュブッシュ二世の弟と南フロリダのキューバ系アメリカ人の指導者たちが盛んにロビー活動を行い、司法省の発言を封じた後のことだった。キューバ側はFBIに、マイアミを本拠とするテロリストのネットワークと彼らが考えるものに関する一件書類を渡した。それらの一部は、亡命者グループに潜入したキューバ人によってまとめられた情報だった。

一九九八年にFBI上層部のメンバーがキューバを訪れ、キューバ側の捜査当局と会談した。ボッシュに安全な隠れ家を提供するのは、アメリカの国益に反することである。なぜならこの国の安全保識は、テロリストへの支援と隠れ家の提供を他国に拒否させられるかどうかに影響されるからだ情報を交換して協力しあい、テロを防ぐというキューバ側の申し出は、米国政府によって拒否された。司法省としては、次のように結論せざるをえないと考えていた。もっとも、そうした情報の一部は、アメリカ側の行動に結びついていた。

完全に払拭されたわけではないと主張

FBIはアメリカを拠点とすテロリスト・グループに潜入したキューバ人を逮捕した。そのうち五人は長期刑を宣告された。留保条件付だったが、情報機関によるこのような評価のおかげで、一九六一年にメキシコの大使から指摘された危険は排除された。クリントン政権は、キューバによる軍事的脅威は無視しうる程度に減少したが、完全に払拭されたわけではないと主張した。

国の安全保障という口実にどれほどの信憑性があったにせよ、一九九一年のソ連崩壊後はそれも失われた。但し、キューバが安全保障の脅威でなくなったことを、米情報機関が国民に向けて公式発表したのは、一九九八年になってからだ。ケネディがキューバに対する集団的活動を組織しょうと試みた際、メキシコ大使がそれを拒否した一件である。その理由はキューバが我々の安全保障にとて脅威だと公式に宣言したら、四OOO万人のメキシコ人が笑い死にしてしまうからだった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

カラザスは民主主義への貢献の精神解明のため入念な仕事をした人物

カラザスは、レーガン時代に民主主義への貢献の真の精神解明のため、実に入念な仕事をした人物である。彼自身はレーガン時代に国務省が中南米で行った民主主義拡大プロジェクトの一員だった。彼は学者としての観点と …

no image

停戦協定で合意され国際的な義務に違反したからイラクが攻撃された

コリン・パウェルは、アメリカは何が何でもイラクの支配権を奪うという大統領宣言をきっばり否定した。問題はこういうこと。サダム・フセインは戦略的、政治的に決断して国連安全保障理事会の決議に従い、大量破壊兵 …

no image

攻撃される社会において重大な価値のあるものが損なわれた規模

死亡者が出たのは意図した結果ではないから、加害者も攻撃の結果を考えなかった者も非難されるべきではない、と多くの人が指摘した。攻撃される社会において重大な価値のあるものが損なわれた規模には全く関係ない。 …

no image

アメリカ人の生活を更に管理するために

アメリカ人の生活を更に管理するために、この政権が弾れない公民権は何も、市民権という貴重な権利すらないと、パルキンは結論している。 ブッシュ大統領は、友人トニー・ブレアからの贈り物であるウィンストン・チ …

no image

分離運動が正統な支援の対象になりうるのはいつなのか

いったい分離運動が[正統な]支援の対象になりうるのはいつなのであろうか?彼らの成功が、[国家として承認される]価値を生むのであろうか?ミルの議論は、部分的にはそうである。すなわち、正統な国民[nati …