雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションショーやトレンドに関する報道を行うようになったメディア

投稿日:

真面目なニュース・メディアもファッションの世界に魅了されたらしく、ファッション・ショーやトレンドに関する報道を行うようになった。いわゆる政教分離を曖味にして広告主のコレクションの素晴らしさを褒めそやす、抜け目ない刊行物の数々。あげくに、かってはゴシップ誌の独壇場だった、スターのスタイル批評さえする始末。もう何でもありだ。

広告塔と化すセレブたち(ファッション・メゾンは、スターに服を貸したりあげたりして、それを着た姿が写真に納まることを期待する)。衣装協力契約を取り交わすデザイナーとプロデューサー(キャストに服を提供するから、クレジットに名前を出してくれ)。愛は買えない広告は私たちの考え方・感じ方をいかに変えるかの著がある広告評論家、ジーン・キルボーン博士が言う。

ハリー・ポッターと賢者のカルティエの宝石?競合相手に後れをとらないためには、印刷媒体広告、テレビ・コマーシャル、広告看板以外の方法で販促活動を行うことが必要だ。ー企業がそう確信するにつれて、そうした行為はますます広く行われるようになってきた。

フィクションに製品を登場させる初の試み

ブルガリのブランド名と製品が一二回ほど出てくるブルガリ・コネクションは、お金を払ってフィクションに製品を登場させる初の試みだ。二〇〇一年には、イタリアのジュエリー会社ブルガリが、イギリスの作家フェイ・ウェルドンに小説まで書かせている。イヴ・サンローランの引退表明の裏には、採算は?、とか儲かるか?、とか、ビジネス上の問題以外の何物でもない部分というのもある。

常にアートと商業の狭間で揺れてきたファッションも、ここ数十年のうちに徐々に商業側に偏りがちになっている。このため、多くのデザイナーが、生き馬の目を抜くようなビジネスの現実と芸術的表現とのバランスをどう取るかという難問に取り組まざるを得なくなった。もはやゴージャスなコレクションをデザインするだけではダメで、とにかく売れなければいけないのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

30代で素敵な女性を秋のオープンカフェで見かけました

自分の中で、アピールする部分と、隠す部分を見つけると、コーディネートは楽しくなります。上半身が太い場合は、ギャザーやシャーリングなどのデザインでカバーするほうが無難です。というのも、隠そうとするあまり …

no image

ジャケットでレディースにおすすめのデザイン

ジャケットこそ、シーン別に中途半端なものを数着揃えるより、本当に気に入った、応用のきくものを一着選びましょう。そうそう何着も買えないジャケットは、通勤・休日と、どちらのシーンでも着られるデザインを選び …

no image

プロダクトプレイスメントが次に進む分野とは?

アーティストはカッコよく見えるし、ファッション・メゾンにとってはそれがテレビ宣伝になる。ビデオでよくバーバリーを着ているし、ジェニファー・ロペスはヴェルサーチ派。目の部分がCとDの文字になったスマイリ …

no image

三つボタンが流行するまでの歴史

今のような上着の原型が完成するのは、19世紀後半のことです。そして直接のデザインとしては、軍服から市民服へと変化したものと考えられています。そういうわけで19世紀末の、初期の上着は四つボタンということ …

no image

ブライドメイドを務める

彼女は、友人の結婚式でブライドメイドを務める際に、それを履いていくという失策を犯した。「あれは最大の間違いだったわね。だって、披露宴では隅から隅まで歩いて写真を撮らなきゃいけないでしょ。 ニューヨーク …