雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッショントレンドの大きな流れ

投稿日:

トレンドは、ひとつひとつのはやりもの(インディアン・ビンディ、ターコイズ・ジュエリーなど)からもっと大きな流れ(細めのネクタイ、短めの水泳用トランクス、テーパード・パンツなど)まで、あらゆるものを網羅する。昨今では、どんなものでもトレンドになり得る。たとえば、シーズンごとにファッショナブルな体型というものがある(カービー系、ボーイッシュ系、ウェイフ系など)。何でもいっときだけはファッショナブルになれる。それがファッション・ビジネスの面白いところ。

トレンディさというと一〇代の少女たちが思い浮かぶ。だが、ファスト・フードならぬファスト・ファッションが与えてくれる手っ取り早い満足感に引きつけられるのは、ある特定のタイプばかりではない。自分は関係ないと思っている人も含めて、私たちみんながトレンドの影響を受けているのだ。ある専門家が、二〇〇一年八月に発表した研究報告書で、トレンドはすたれたと宣言している。その研究によると、若い消費者の人気アイテムは、ボディ・グリッターやパイロット・サングラスといったトレンデイものから、真珠やオードリー・へプバーン風のサンダルのようなクラシックなスタイルのものに変わりつつあるそうだと言っていたそうだ。

注目の的になれるよう

広告、流行、消費者文化の著者アーサー・エイサ・バーガーが言う。反対に目立ちたい人のほうは、注目の的になれるよう、ファッションの最先端を走り続けるのです。ネオン・カラーのアンクル・ソックスやバブル・スカート、男性用マニキュアといったいかにもはやりものっぽいものでなくても、トレンドはトレンドである。

シャイで目立ちたくない人々は、無理をしてでもファッションの変化に合わせなければなりません。さもなければ、浮いてしまって、逆に注目を集めることになってしまうからです。たとえば、社会的に受け入れられるネクタイの太さやラべルの幅、Tシャツのきちんと感、その時点で市場に出回っている配色と生地(たとえば、一九七〇年代は茶とオレンジのポリエステルだった)。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

モデルが着てると服はとても素敵だが一般人と同じにはならない

服って、モデルが着ればとても素敵よね。それは否定しょうもないわ。でも、一般人はモデルと同じにはなれないのよ。モデルって若い子ばかりだし、タッパもあってガリガリでしょ。ところが、一般人はそれほど若くもな …

no image

急いで流行を取り入れるための不毛な努力をしているわたしたち

現代はスピード・シックの時代。私たちは終わりのないサィクルにはまってしまい、急いで流行を取り入れようとして不毛な努力をしている。私たちは新たなトレンドに惚れ込むが、やがてはそれに飽きるだけでく、それを …

no image

シャツの色で印象が大きく変わる-注意したいポイントは?

いまのシャツはほとんどがストレッチの入ったものなので、いまさら言う必要もないかもしれませんが、コットンストレッチで、ほどよく身体のラインにフィットするシルエットのものが、全身をきれいに見せてくれます。 …

no image

男のペンダント術-もっともシークレットな装身具

・男のペンダント術 男のペンダントはシャツを着ている以上、誰にもその存在を知られることはないわけですから。ポロシャツやスポーツ・シャツの場合には、前ボタンを外したりすると、ごくわずかチェーンがのぞくく …

no image

アメリカのファッションメディア業界のいじめ

ハリウッドでは、ジョーン&メリッサ・リヴァースがアカデミー賞授賞式のファッションをけちょんけちよんに膨したのが大受けし、ふたりはゴールデン・グローブ賞、エミー賞、ピープルズ・チョイス賞、グラ …