雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッショントレンドの大きな流れ

投稿日:

トレンドは、ひとつひとつのはやりもの(インディアン・ビンディ、ターコイズ・ジュエリーなど)からもっと大きな流れ(細めのネクタイ、短めの水泳用トランクス、テーパード・パンツなど)まで、あらゆるものを網羅する。昨今では、どんなものでもトレンドになり得る。たとえば、シーズンごとにファッショナブルな体型というものがある(カービー系、ボーイッシュ系、ウェイフ系など)。何でもいっときだけはファッショナブルになれる。それがファッション・ビジネスの面白いところ。

トレンディさというと一〇代の少女たちが思い浮かぶ。だが、ファスト・フードならぬファスト・ファッションが与えてくれる手っ取り早い満足感に引きつけられるのは、ある特定のタイプばかりではない。自分は関係ないと思っている人も含めて、私たちみんながトレンドの影響を受けているのだ。ある専門家が、二〇〇一年八月に発表した研究報告書で、トレンドはすたれたと宣言している。その研究によると、若い消費者の人気アイテムは、ボディ・グリッターやパイロット・サングラスといったトレンデイものから、真珠やオードリー・へプバーン風のサンダルのようなクラシックなスタイルのものに変わりつつあるそうだと言っていたそうだ。

注目の的になれるよう

広告、流行、消費者文化の著者アーサー・エイサ・バーガーが言う。反対に目立ちたい人のほうは、注目の的になれるよう、ファッションの最先端を走り続けるのです。ネオン・カラーのアンクル・ソックスやバブル・スカート、男性用マニキュアといったいかにもはやりものっぽいものでなくても、トレンドはトレンドである。

シャイで目立ちたくない人々は、無理をしてでもファッションの変化に合わせなければなりません。さもなければ、浮いてしまって、逆に注目を集めることになってしまうからです。たとえば、社会的に受け入れられるネクタイの太さやラべルの幅、Tシャツのきちんと感、その時点で市場に出回っている配色と生地(たとえば、一九七〇年代は茶とオレンジのポリエステルだった)。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

服の買い物で失敗しないための実践的な方法

本気で買い物をするときには、前日の夜から自分を盛り立てることが重要。本気の買い物の日は、なるべく一日を自分のためだけに使えるよう調整します。翌日は、しっかり朝ごはんを食べ、きちんとお化粧をし、まず美容 …

no image

痩せているモデルを使い続ける雑誌業界

研究はどれも、大衆が明らかにもっと現実的な体型を必要とし、欲していることを指摘している。彼女たちは、痩せた理想像により近づく方法、それも、実際にへルシーな食事をしたりエクササイズしたりしなくてもいいや …

no image

ヴィクトリアベッカムが来日した際の黒のジャケットのセンスはすごい

・セクシーなカジュアルスタイルをつくる黒のジャケット 黒のジャケットは、堅く見えるのですが、ある人の黒のジャケット姿を見て、欲しいなと思う出来事がありました、というある専門家。 何気ないシンプルな装い …

no image

世界の富の分配システムを作るという考え

消費者の多くは、富の分配システムを作るという考えに賛成のよう。「デザイナーや企業の重役連中が進んで報酬をカットすれば、大抵のファッションは安くなると思うわ」。ペンシルベニア州へイズルトン在住の主婦の意 …

no image

スキニーな女性のイメージアップをすれば

実は、医師たちは、服が摂食障害の治療に役立つことに気づいていた。イギリスのプライオリー病院やフランスのマルセイユ大学病院付属アーサー・センターを始め、ヨーロッパの病院・医院には、服を使って自尊心を育て …