雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションは低価格帯市場に向かっていっている

投稿日:

判で押したような大衆向けファッションが世界中で増殖している様子は、さながらマクドナルドを思わせるので、それをマックファッションと呼んでいる専門家もいるくらいだ。マックファッションのおかげで、社会的に受け入れられる安心なスタイルが世界のどこでも難なく手に入るようになった。今日、量販店は地球の隅々まで進出している。GAPなどは、一九九〇年代終盤から新たなミレニアムの幕開けにかけて、一日一軒の割で新店舗をオープンしていた。

過去二〇年間にファッションはどんどん低価格帯市場に向かい、旨みの多い大衆市場分野を狙うようになってきた。そこでおいしい思いをしているのが、ターゲットやウォルマートなどのディスカウント・チェーンだ。アメリカでは、一万八〇〇〇以上のアパレル・メーカーと(言うまでもなく輸入業者は無数にある)、一八〇〇以上のショッピング・モールが、ファッションへの渇望を満たしてくれる。マクドナルド同様に、マックファッションの店も世界中に広がることで各地域や文化に特徴的な装いを消し去り、画一的なものに塗り替えていく。

ファッションをかじるということは

今日の一般的消費者にとって、ファッションをかじるということは、パリでなくエプコット・センターでエッフェル塔の土産物を買うことに等しい。オレンジ・ジュースに対するタングのような、またはヴェネツィアに対するラスベガスのヴェネツィアン・ホテルのようなー本物の味を少し薄めたような体験なのである。

国際量販店協会によれば、二〇〇二年、ディスカウント店のアパレル売上は一九九八年度の一五%増にあたる約六〇〇億ドルに達したと言っていた。モッシモやトッド・オールダムと組んだターゲット、ジョー・ボクサーを展開するKマートなどなど、パートナーシップの成功例が続々現れたとあって、すでに確立された地位を持つデザイナーたちのほうが小売業者を追いかけている状態である。今では、服を買うという行為はエンタテインメントであり、国民的娯楽であり、旅の楽しみでさえある。買物客は、単純化された形であっても、ファッションに関わっている気になれるわけである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

厚底靴ブームに起こった悲劇

一九九〇年代の終わり頃から二〇〇〇年代初めにかけて日本を席巻した厚底靴ブームは、数多くの情けない事故を生んだが、なかには死者の出たケースもあった。一九九八年八月、東京の青葉学園短期大学でアパレル関連の …

no image

正しい腕時計の選び方-あなたは今、何種類持っていますか?

・正しい腕時計の選び方 あなたは今、何種類の腕時計を持っていますか?ごく一般的に考えて、ビジネス・ウォッチ、ファッション・ウォッチ、スポーツ・ウォッチ、ドレス・ウォッチの四種類の時計を持っていればまず …

no image

ファッションの理想像と現実の体型の対立

一九九五年のサイコロジー・トウデイの研究では、ファッション誌のモデルをわずか三分眺めただけで、被験者の七〇%が罪悪感と差恥心を抱いて落ち込んだという結果が出たという。ファッションが一因とされる社会問題 …

no image

パリの色使い-住んでいる環境と服装は密接に関係

ベージュのセーターには、こげ茶の靴やバッグとゴールド系のジュエリー。グレーのジャケットやスーツには、黒の靴とバッグ、シルバーのジュエリーという具合。あたりまえすぎてつまらないかもしれないが、これぞ究極 …

no image

ファッションショーを一回開催してパブリシティを行うだけで

高級品と量産品の中間に当たるブランドの服が安手のブランドと同じアパレル工場で作られているのを目にすると、こんな疑問もわいてくる。小売価格の高いほうが上等なものであると、例外なく言えるのだろうか?ヴォル …