雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションの理想像と現実の体型の対立

投稿日:

一九九五年のサイコロジー・トウデイの研究では、ファッション誌のモデルをわずか三分眺めただけで、被験者の七〇%が罪悪感と差恥心を抱いて落ち込んだという結果が出たという。ファッションが一因とされる社会問題の中でも目を引くのは、ボディ・イメージの歪みである。ファッションとボディ・イメージとの関連にっいては、常に、卵が先か鶏が先かに近い論争が繰り広げられてきた(コルセットがウエストのくびれた理想像を生み出したのか、それともその逆なのか?)。これほど四六時中ファッションに囲まれていれば、何も影響が出ないはずはない。

ファッションの理想像と現実の体型の対立は今に始まったことではないのだが、今ほど人々が荒療治に頼っている時代はない。現在、アメリカ人が疫身グッズやサービスに使うお金は年間三四〇億ドルにも上る。今日、消費者が受け取るメッセージには混乱が見られる。痩せた体を美の理想としていラブ・ユア・ボデイるはずの業界が、自分の体を愛そうという逆の主張も行っているのだ。推定一五万人が摂食障害を患うイギリスでは、二〇〇〇年に政府主導の公式調査まで実施されている。あまりに細いモデルの使用を全国的に禁止すべきかどうかの判断材料だという。

ボデイ・イメージの歪みの原因

ボデイ・イメージの歪みの原因は他にもあるかもしれないが、ファッションがもともと自尊心の低い人に影響を与えかねないというのは、大方の専門家が認めるところだ。脂肪吸引術の施術件数は、アメリカでは一九九一年から二〇〇一年の間に一八%の増加を示しており、他にもイギリス、韓国、ブラジル、南アフリカ、オーストリアなど、ほとんどの国で増えてきている。

ファッションのせいで、私たちは自分のサイズを気にするばかりでなく、痩せている人に対して意地悪になってしまう。彼女たちの悪口を言って、憂さ晴らしをするわけである。ファッション・ヴィクティムは、戦いを挑むどころか、お金を払って狂気に走り続ける。ここがファッションのすごいところだ。流行のスタイルが自分の体型向きでないと言ってはふさぎ込み、サイズが合わないと言ってはふてくされる私たち。それでも、ファッションに背を向けたりせず、逆に、自分を惨めな気持ちにさせた元凶で気を取り直そうとする。つまり、また買物に出かけるのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

スターの関連でメディアに名前が出たりすれば売上の倍増

二〇〇二年の初め頃なら、ザック・ポーゼンって誰?という人が大半だったと思われる。だが、ナタリー・ポートマンがスター・ウォーズプレミア試写会に彼のドレスを着て現れ、その時の写真が全国誌数誌に出回ったこと …

no image

ワークシャツを着こなしてみよう

・働き者のワーク・シャツ ワーク・シャツの言葉通り、もともとは作業用であったことを示しています。ワーク・シャツは、たいていは丈夫なデニム地で、両胸にポケットが付き、袖ボタンの数も多くなっています。その …

no image

ドライクリーニングの料金の請求書を見ると思わず凍りつきそうになるものだが

ドライ・クリーニング業者としては、より安全な代替品に切り替えたくても資金がないのが実情だ。顧客はドライ・クリーニングの請求書を見ると思わず凍りつきそうになるものだが、どうも業者が大儲けしているわけでは …

no image

夫の服がダサいと愚痴をこぼす前にやってあげられること

センスのない服装に対して、うちの夫はセンスがなくて・・と、愚痴を言う奥さんがたくさんいます。お父さんの休日スタイルでよく見かけるのは、ポロシャツにチノパンの組み合わせのゴルファースタイル。ベルトは、も …

no image

ポロシャツは自分の好きな大胆な色を着ることがおすすめ

・マイ・ポロシャツを持つ たしかに現在のポロシャツの原型がポロ競技にあったことは間違いありません。でも今のように広く一般化したきっかけは、テニスからであったのです。ポロシャツはその名前の通り、馬に乗っ …