雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションメディアの問題点は

投稿日:

ファッション・ショーにモデル、新商品、トレンド、セレブ。ファッション報道はこれでもかってくらいあるけど、公平さと責任を持ったジャーナリスティックな目で報道してる出版物はほとんどないわね。ファッション・ジャーナリズムなんてほとんど幻想だと思うわ。元ヴォーグのアソシエイト・エディターで、ワシントン・ポストのファッション・エディターをしているロビン・ギヴァンが言う。ファッションがメディアやエンタテインメントと融合したことで、お愛想ばかりで建設的な批判はどこへやら、という新たな環境が生まれた。

ファッション・メディアの問題点は、チェックしてバランスを取るシステムも、批判的な目も、精査を行う機関もないことだ。この業界は自分に甘いところがあるようです。オンタリオ州オタワのカールトン大学でジャーナリズムの教鞭を執る準教授、バーバラ・M・フリーマン博士の感想だ。私たちは、記者たるもの、少なくともジャーナリストとしての誠実さのかけらくらいは持ち合わせているだろうと思いがちである。だが、そんな彼らも、報道どころか、販売促進のお先棒を担いでいることがある。

アートでもあり商業でもあるというまぎらわしい特徴

ファッションには、アートでもあり商業でもあるというまぎらわしい特徴があるので、ジャーナリストの中にはどう評価したものかと頭を抱える者もいる。舞台の場合もそうだが、昔から観客には作法というものがあるのだ。それは、ショーがつまらなかったとしても、人前で晒してはいけないということ。映画館から出しなに観客が感想を述べる際には、サイテーとかハズレとかいう言葉が出るのも珍しくない。ところが、ファッション・ショーから出てきた観客が、カメラの前で、たった今見てきた作品にっいてシのない意見を述べるというのはまれである。

オンライン・ファッション・マガジンリュミエールとファッション関係のサイトを集めたポータルサィトファッション・ネットを運営しているスティッグ・ハーダーのように、そもそも批評などファッション・ライターの仕事ではない、と考えている業界人もいる。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

革新的なプロモーション契約の例があちこちで見られるようになっている

ドルチェ&ガッバーナは、二〇〇一年にイン・シンクとダイドのツアーに衣装協力し、続く二〇〇二年にはオーストトミー・ヒルフィガーは、一九九九年にブリトニー・スピアーズのサマー・ツアーのスポンサー …

no image

ブラックスーツの着こなしを楽しむ

値段が高い、安い、で一喜一憂している状態ではけっして服は味方になってくれません。理想を言えば、値段に関係なく楽々と自分のものにしてしまう強引さがおしゃれには必要なのです。もし二十万円のスーツに袖を通さ …

no image

痩せ過ぎモデルの問題

多くの雑誌は、やり方を変えるのが怖いだけなのだ。雑誌類って、もちろん、お金が絡んでくるものだから。時には、広告主さえ、痩せた理想像を支持しないこともある。なかには、雑誌がいつまでもそうした姿勢を取り続 …

no image

カッティングのコート-洗練で勝負

・コートはカッティングの洗練で勝負 コートというのは、その存在そのものがあなた自身を語ってしまうから、パリジェンヌは若干の見栄やプライドと実用を上手に共存させている。少し厚手のコートをさらりと脱ぐと、 …

no image

根底に消費主義というテーマがあるホームショッピング

PBSのようなコマーシャない公舞激送を除けば、商業と一切関係のないテレビ番組はないわけだが、なかでもファッション番組は必然的に莫大な売上に関わっている。アメリカ人は一日平均三時間四六分テレビを見るとい …