雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションの研究に熱心なある主婦のお話

投稿日:

娘の仲良しのお友達のお母さんに、Aさんという三十代の方がいます。彼女は、ファッションに関して、とでも研究熱心です。娘がいることで、ママ友達ができました。いままでは、同じく仕事を持つ女性と接することが多かったのですが、専業主婦のお友達ができて、自分の中に新しい目線ができたと思います。

専業主婦はおこづかいが限られているから、有効に使えるものを選ばないとねと彼女は言いますが、その大切に買い物をする姿勢が素敵だなと、いつも思っています。

彼女自身のコーディネートも、清潔感があって好感がもてます。先日は、黒いパンツに、白の織り柄の入ったシャツ、これにパールのネックレスと、黒のエナメルのバックストラップサンダルを合わせていました。いかにも流行といったスタイルではないけれど、胸元にパールのネックレスて華やかさを出したり、エナメルのサンダルて光沢感をプラスしたりと、そのちょっと取り入れる感覚や、ちゃんと考えているところが、彼女らしくて、光っていました。

一緒に子ども服のセールに行ったとき

また、先日、一緒に子ども服のセールに行ったときのこと。次々と気に入った商品を手に取る私の横で、彼女の買い物はほぼ終了した様子。予算と目的をきちんと決めていて、あれもこれもと目移りしていないせいか、彼女が手に持っている、Gジャンとピーコートはセール品には見えない、掘り出し物でした。

もういいの?と聞くと、今回の予算は二万円以内で、コートかブルゾンのどちらかを買ったらおしまい、と決めできたとのこと。その二着のどちらがいいか、私と相談し、ピーコートのほうを購入。無駄にお金を遣わない、賢い女性ですよね。たとえば、パンツを一本買う場合でも、事前に今年らしいシルエットや色みなどの情報を取り入れ、使える一本を真剣に探します。

彼女を見ると、女性のたしなみということが頭に浮かびます。お金のかかった拾好をしたり、流行を先取りしていでも、これが足りないと、女性は素敵に見えないのでしょうね。と、これはある女性スタイリストのお話でした。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

海外旅行の服装をおしゃれにキメるには

・リーフックスでさるとさにもおしゃれに気をつかう 行き先はもっばら海のあるリゾート地。いつもは黒の服が多い私も、リゾート地では、ちょっとはめを外します。 バカンスでは鮮やかな色にもチャレンジ毎年夏休み …

no image

できるだけ自分の顔に合った色だけを選ぶようにする

キャミソールやチューブトップなど、インナーとしてのニットも活躍する機会が増えできた。インナーとして薄手のニットが活躍する。パリジェンヌは厚手のニットを好まない。なぜならば、秋から冬の主役はコートという …

no image

ネクタイの結び方で長さを調節する方法

・ネクタイの長さの調節方法 有名ブランドのタイをごくふつうに結ぶと、どうしても長くなってしまうことがあります。これは実は首のサイズや体型の違いからくるものです。現に、ネクタイの長さは約145センチ前後 …

no image

フレンチコネクションなどの店舗がすばやい回転ペースをめざすか

ファッション・ヴィクティムの場合、今も買い物の過程そのものを楽しいと感じるようなところがある。店内を見て回って、服を試着したり、生地を触ってみたりして楽しむわけである。ショッピングの科学の著者、パコ・ …

no image

ワイシャツのアイロンのかけ方

・自分でワイシャツのアイロンがけをする ワイシャツ一枚仕上げるのに、慣れてくれば十五分初心者でも三十分あればでき上がります。私自身は家庭でやっています。誰でも洗ったワイシャツに霧吹きをするところからは …