雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションの研究に熱心なある主婦のお話

投稿日:

娘の仲良しのお友達のお母さんに、Aさんという三十代の方がいます。彼女は、ファッションに関して、とでも研究熱心です。娘がいることで、ママ友達ができました。いままでは、同じく仕事を持つ女性と接することが多かったのですが、専業主婦のお友達ができて、自分の中に新しい目線ができたと思います。

専業主婦はおこづかいが限られているから、有効に使えるものを選ばないとねと彼女は言いますが、その大切に買い物をする姿勢が素敵だなと、いつも思っています。

彼女自身のコーディネートも、清潔感があって好感がもてます。先日は、黒いパンツに、白の織り柄の入ったシャツ、これにパールのネックレスと、黒のエナメルのバックストラップサンダルを合わせていました。いかにも流行といったスタイルではないけれど、胸元にパールのネックレスて華やかさを出したり、エナメルのサンダルて光沢感をプラスしたりと、そのちょっと取り入れる感覚や、ちゃんと考えているところが、彼女らしくて、光っていました。

一緒に子ども服のセールに行ったとき

また、先日、一緒に子ども服のセールに行ったときのこと。次々と気に入った商品を手に取る私の横で、彼女の買い物はほぼ終了した様子。予算と目的をきちんと決めていて、あれもこれもと目移りしていないせいか、彼女が手に持っている、Gジャンとピーコートはセール品には見えない、掘り出し物でした。

もういいの?と聞くと、今回の予算は二万円以内で、コートかブルゾンのどちらかを買ったらおしまい、と決めできたとのこと。その二着のどちらがいいか、私と相談し、ピーコートのほうを購入。無駄にお金を遣わない、賢い女性ですよね。たとえば、パンツを一本買う場合でも、事前に今年らしいシルエットや色みなどの情報を取り入れ、使える一本を真剣に探します。

彼女を見ると、女性のたしなみということが頭に浮かびます。お金のかかった拾好をしたり、流行を先取りしていでも、これが足りないと、女性は素敵に見えないのでしょうね。と、これはある女性スタイリストのお話でした。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

読者が受け取るメッセージは混乱-食べずに済むコツ、教えます

グラマー二〇〇一年八月号の表紙にはこんな見出しが躍った。食べずに済むコツ、教えます。体重が気になって仕方ないあなたへ!この記事には、お腹やお尻の部分痩せってできるの?どれだけ脂肪を減らせばいいか、どう …

no image

ゆったりしたパンツを履くと

イギリスでは、ロンドンデリーにあるアルトナゲルヴィン病院のウィリアム・ディッキーが「デザイナー消化不良」という言葉を編み出した。現代のようにきつく「押さえ付ける下着を好む風潮が引き起こす問題を指したも …

no image

資金を注ぎ込んで新戦略を練るショッピング業界

小売業者は、消費者がみなせっかちであること、それゆえ、店内の混乱が貴重なお金を遠ざけてしまいかねないことを心得ている。そのため、消費者に長くとどまってもらい、より多くのお金を落としてもらえるよう、何百 …

no image

ファッション・ブランドの名を冠したものはすべてありがたがるべし

ハンドクリーム、口紅、香水、マニキュア、皿、枕、キャンドル、羽布団、音楽。ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、バナナ・リパブリック、エデイー・バウアー、ダナ・キャラン、リズ・クレイボーン、ノーティカ …

no image

サングラスは似合わないと思わずに自信を持ってかけよう

・サングラスを味方にする方法 むかしイヌイットの人たちは手づくりのサングラスを使ったようです。言うまでもなく、本来のサングラスはおしゃれ用品である前に、道具の一種であったのです。雪と氷の多い地域では生 …