雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションと健康の問題

投稿日:

コルセットやガードルからアシッド・ウォッシュのタイト・ジーンズまで、ファッション・ヴィクティムたちは、何世紀もの間、ただスタイルのためだけに、体に合わない服に無理やり体を押し込んできた。きつい服を着ると、不妊、子宮内膜症、消化不良、果ては癌といった種々の健康被害が出ることを示唆する研究も登場し、論争を呼んでいる。ファッションは、服を作る人々の窮状ばかりでなく、ほかのことに対しても、私たちを無頓着にする。たとえば、自分自身の健康と安全。長年、人々はファッションのためにかなり奇怪な行動をとってきた。

デイヴィッド・ルイスの魅惑的な事実によれば、一八世紀のイギリスには、最高一・二メートルもあるかつらをつけた女性もいたそうだ。かつらはラードで撫で付けていたため、ネズミや虫が寄ってきたらしい。こうした巨大な創造物を崩さないためには特別な枕を作らねばならず、金メッキしたワイヤー製のネズミ除けキャップも普通に使われていたという。

女性がキュートな靴と引き換えに我慢する

それから、女性がキュートな靴と引き換えに我慢する痛みと危険も放ってはおけない。竹馬のようなハイヒールで歩道をよろよろ歩いていて転んだり、きつすぎる靴で足を痛めたりした女性は数知れない。厚底靴が原因の重大事故が相次いだ日本では、大阪府が運転中の超厚底靴着用を禁止した。欧米の足の専門医は、ハイヒールのせいで変形した現代女性の足は、レントゲン写真に写った中国女性の趣足に似たおぞましさだと言う。

レトロ・クールな感じが人気のヴィンテージの古着からも、思わぬものをもらってしまうことがある。パンアフリカン・ニュース・エージェンシーが最近警告したところによると、皮膚感染や放射能といった深刻な健康被害を被る可能性があるのに、古着を洗わずそのまま着る人は何百万人もいるという。服のせいで文字どおり病気になることがあるなんて、誰が思っただろうう、私たちのあくなきファッション欲は、アパレル製造業の肥大化を招いてきた。私たちは思いとどまるのだろうか?まさか!醜いトレンドに吐き気を催すことはままあることだ。広大な工場地帯が増殖すれば、環境・健康問題も発生するのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッションはやや近代的な発明と言える

もっと服が欲しい、最新のトレンドを追いかけたいという現代の渇望に、カッコよく見えるという付加価値がつき、私たちの自尊心、健康、環境、財政状況、モラルは危機を迎えている。なのに、私たちはますます奪欲にな …

no image

シルクのスカーフの意外なオシャレ効果

・とっておきのシルク・スカーフとは シルクのスカーフは、コートの内側、スーツの上、ジャケットの下、スェーターの内側にと、とにかく一枚あると、なにかと重宝することはご存じの通りです。こんな万能選手を活用 …

no image

毛皮業界の状況を総括するのが難しい

ラルフ・ローレンのコヨーテの帽子。オスカー・デ・ラ・レンタのフォックスのショート・ジャケット。フェンディのシアード・ミンク・コート。一九九九年には、『ヴォーグ』イギリス版のアレクサンドラ・シュルマンが …

no image

フランスのグランゼコール-社会階層が存在するエリート達

貴族を打ち倒し世界で最初に市民革命を実現し、社会主義的思想の強いフランス共和国に、今どき社会階層が存在するなんてにわかに信じられないかもしれないが、ちゃんと存在する。 エリートはグランゼコール出身者で …

no image

GAPは売上高をのばし世界最大級のアパレル小売業者の座に

サンフランシスコに住むドナルドとドリスのフィッシャー夫妻が一九六九年に立ち上げたGAP。一介の店はやがて、GAP、オールド・ネイビー、バナナ・リパブリックといったブランドを抱える大企業へと見事に花開き …