雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッション・ブランドの名を冠したものはすべてありがたがるべし

投稿日:

ハンドクリーム、口紅、香水、マニキュア、皿、枕、キャンドル、羽布団、音楽。ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、バナナ・リパブリック、エデイー・バウアー、ダナ・キャラン、リズ・クレイボーン、ノーティカ、ヴェルサーチなどは、人間だけではなく、寝室も飾り立ててくれる。

今日、デザイナーズ・ブランドの服を買うことは、ライフスタイルを買うことでもある。ラルフ・ローレン(別名ブロンクス出身ラルフ・リフシッツ)は、このことを知っていて、ポロというハイアニスポートの休日風のリッチな方向性をめざしたブランドを作り出したのだ。

結果として、私たちのお気に入りのアパレル・ブランドは、実質的に何でも販売できることになる。ジャガー、ヴェスパ、ハーレー・ダヴィッドソンといった車やバイクのメーカーに独自のアパレル・プランドがあるように、アパレルの小売業者やデザイナーのほうも、スペシャル・エデイション・カーの形で自動車業界に関わっている。ヴィクトリアズ・シークレットのブラに夢中?そうね、いいブラが作れるんなら、いいスキンケァ製品だってあるわよね?アルマーニのスーツが好き?じゃ、グルメ・チョコレートもいかが。クラブ・モナコの服が素敵だって?じゃあ、化粧品も買ったらいいわ。

思いがけなところで作られている場合も

雑貨などにおいても、ファッション・ブランドものは優れているかもしれないが、それらは思いがけなところで作られている場合もある。LLビーン・エディションのスバル・アウトバック、ジョセフ・アプード・スペシャル・エディションのビュイック・リーガル、そして、ルイ・ヴイトン・エディションのクライスラーPTクルーザー、エディー・バウアー・エディションのフォード・エクスプローラーとエクスペディション、コーチ・エディションのレクサス。

自分のネーム・バリューだけで売れないものなどまずないはずだと心得ているデザィナーたちは、数十年前から数百万ドル規模のライセンス・ビジネスに携わり、さまざまな製品の製造・販売促進に名前を貸してきた。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

自分に合うスタイルを貫くこともオシャレの鉄則

ルイ・ヴィトンをはじめとするパリファッションが世界で成功したのは、実はパリジェンヌ以外の女性に大いに宣伝をしたからにほかならない。ファッションを売る立場からすると、パリはあまり美味しい市場ではないとい …

no image

パリジェンヌの着こなしの秘密は自分をよく知ること

着こなしの達人になりたかったら、いちばんの早道は自分を知ることだろう。どんな顔をもち、それはどんな形の頭にくっついているのか?胴の長さと足の長さのバランスは?手の長さや肩幅、バストの大きさや位置、ヒッ …

no image

雑誌の表紙でそのブランドを着ると言い張ることがある

親しいデザイナーのいるセレブの場合、雑誌の表紙でもそのブランドを着ると言い張ることがある。特定のデザイナーと付き合いの長いスターを使わなければならない時には、そのデザイナーの服を着たいと言われる公算が …

no image

ファッションは虚栄心の上に成り立つビジネス

私たちは自分の体への愛と憎しみを行き来するジェットコースターに乗っているのであり、それが上り下りするたびに、ファッションがおいしい思いをしているのである。もし、揺れ動くのをやめてありのままの自分を愛す …

no image

アパレル会社はセレブとつるめばすぐに話題になることを知っている

エドワード・ノートンは、二〇〇二年のデス・トゥ・スムーチーでアルマーニを着たがったという。問題は、彼の役柄がヒッピーだったことだ。彼にはああいう服を着てほしくはなかったんだけど、でも・・まあ、彼のこと …