雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ファッションの新しいスタイルへの転換のスピード

投稿日:

消費者にとってお金のかかることではあるが、常に新たなスタイルへの転換を続けていくということは、ファッション・ビジネス側から見ても必要不可欠。スピード・シックの車輪を回しているエンジンは、新たなトレンドに対するファッション・ヴィクテイムの渇望だけではない。小売店としては、ひとつのスタイルが棚に置かれている期間が短くなるほど客足が途絶えないわけだから、トレンドを継続的にころがしておくことが、アパレル産業にとって一番おいしいのである。

クレジット・カードでガソリンを買うのもまどろっこしいし(給油機にキーホルダーをかざすだけで支払うことだってできる時代だ)、一分間のニュース・コーナーでさえ居眠りしたいくらい(大手のニュース局は、時間節約のため、ウェブからの生情報を画面底部にテロップで流している)。現在では生活のペースそのものが速い。情報化時代のデータ処理の加速により、私たちの時間感覚は歪んでしまった。

より時間のかからない製品を発明していく私たち

スピード化を推し進めるためなら法律も通し、より時間のかからない製品を発明していく私たち。速乾性のマニキュア、ドライブ・スルー、ATM、宅急便、急行電車、エイト・ミニット・アプス、即効性の薬品類や清掃用品。ポップ・タルトをトーストするのも待てない有様だ(今では、箱の裏に、三秒間チンするだけの方法も書かれている)。
私たちが集中力を保っていられる時間は短くなる一方だ。そのため、私たちはファッション・トレンドに対してもせっかちになってきた。

意図的な販売促進努力が、折しも社会全般の加速化傾向と相まって、危険なまでに曝的なスピード・シックのサイクルを作り上げてきたのである。ファッションも確かにスピード・アップしたのだろうが、それを言うなら、私たちの周囲のもの、ほぼすべてがそうなのだ。周囲のものすべてが目まぐるしく動く中で、ファッションの変化だけがカタツムリみたいにノロノロしているはずもない。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

思い込みが激しい人はオシャレの幅を狭めてしまう

・思い込みは、おしゃれの可能性を狭くする 先日、あるショップのイベントで一日販売員をしたときのことです。一見、コンサバな印象ですが、実は身長も高く、大人っぽい顔立ち。フレアスカートに、モへアのニット、 …

no image

できるだけ自分の顔に合った色だけを選ぶようにする

キャミソールやチューブトップなど、インナーとしてのニットも活躍する機会が増えできた。インナーとして薄手のニットが活躍する。パリジェンヌは厚手のニットを好まない。なぜならば、秋から冬の主役はコートという …

no image

ファッションというもの全体について評価を試みてもいい頃

それほど金のないデザイナーが多いから、プレスに叩かれたら致命傷になりかねないんだ。今シーズン出来が悪かったデザイナーも、好意的な記事が出なかったことで、次回頑張ろうという気になるから。正直、ファッショ …

no image

フレンチコネクションなどの店舗がすばやい回転ペースをめざすか

ファッション・ヴィクティムの場合、今も買い物の過程そのものを楽しいと感じるようなところがある。店内を見て回って、服を試着したり、生地を触ってみたりして楽しむわけである。ショッピングの科学の著者、パコ・ …

no image

邪悪だと言われるトレンドを健康に悪いものとして表現

国民一〇〇万人のうちなくとも四分の一がHIVに感染しているスワジランドでは、同じ理屈で、政府官僚が、国内のエイズ豪延はミニスカートのせいだと発言している。この国は一九六九年に道徳上の理由からミニスカー …