雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ファミリー用カヌーの条件-子供にも本物のパドルを持たせよう

投稿日:

ファミリー用カヌーの条件-子供にも本物のパドルを持たせよう。
安定感があり、荷物をたっぶり積み込めて、パドリングしすいことがファミリー用カヌーの条件だ。子どものパドリングをあてにしていなくても、初めから子供用にきちんとしたものを購入してあげよう。本物のパドルを持てば子どもだって誇らしくなり、真剣さが違ってくるし、だいいち、大人用なんかで代用がきかないのはいうまでもない。サイズや使い心地がぴったりのもので練習してこそ、カヌーの楽しさがわかるのだ。

シートや背もたれは、カヌーの座り心地をキメる。快適なほうが楽しめるに決まっているから、これもおろそかにできない。ちょっと練習すればメキメキうまくなって、すぐに立派なパドラーに成長する。アウトドア家族ならば、キャリアはカヌー専用じゃなく、多目的に使えるタイプがお薦めだ。肩への負担を和らげるためにも、パッドをあてて効率のよい運搬を工夫しよう。ポーテージの際は肩で担ぐわけだから、カヌーにヨークがついていると持ちやすい。ライフジャケットは常時着用だ。

座った姿勢で試着すること

ライフジャケットを子どもに購入するときは、座った姿勢で試着すること。泳ぎには自信のあるアナタも、子どもにお手本を示してほしい。赤ちゃんが1歳のとき購入したジャケットは、実は試着をさぼったがために失敗した例である。浮力やサイズの表示によれば、ちょうどよいはずの大きさだった。初めてのカヌー・トリップで、いそいそ着せてみると、ジャケットは彼の頭を突き上げ首を包囲し、ジッパーもすんなり閉まってくれない。赤ちゃん本人のお気に召さなかったのはいうまでもない。

メーカーによってデザインや着心地も異なるので、いろいろトライしてみよう。実際の着用時は座っていることがほとんどだから、その状態での着心地を試さないと意味がない。買ったジャケットは上部にフックがついた幼児用で、沈したときにひょいと水から引っばり上げれるアイデアもの。これも表示サイズに合わせて買ったのが、彼には小さすぎた。そのうえ、シーズンまで間があってマイケル君がきくなっていたのも、うっかり見逃していた、とある家族。使用前の試着は確実にしておきたい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

乱層雲などの雲の特徴

低気圧が接近している印で、巻雲は時間が経つにつれて「高積雲」や「高層雲」、そしていわゆるあま雲である「乱層雲」に変化していく。「曲がり」が多いものは「晴天巻雲」とも呼ばれ、この雲が出ると数日、好天に恵 …

no image

テントの主流は何か?病気などしないように常に乾燥させる

アウトドア用品は、絶対に衝動買いしてはいけない。長く使え、壊れにくく、コストパフォーマンスのよいものをじっくり選びたい。これは安い!ということで、衝動的に安物を購入するのは、危険な場合もある。ショップ …

no image

山岳救助要請をするかは天候やパーティーの状況で判断

遭難者を探しに行く場合、荷物が重い場合はその場に置いて必要最低限のものを持ち探しに行きます。人数がいれば現在地を中心としてもと来た道を探します。印をつけながら探します。天気がよい時は木に登ったり見晴ら …

no image

低山ハイク-全行程を自力で歩くことができるようなトレイルを選ぶ

ある家族の話。街であれ、アウトドアであれ、ハンディによって彼の人生が制約を受けるべきではないと、メーロンを愛する両親は信じている。娘が3歳のころは、5キロくらいなら問題もなく歩いていた。もちろん、何度 …

no image

子供の正しい教育はアウトドアで行うこともできる

あらゆる手を尽くして子どもの機嫌をとっても、効果がまるでないときはどうしよう。かんしやくを起こされたら?アウトドアでどうやって子どもを律しよう?かんしゃくとは、たまったフラストレーションの爆発だ。アウ …