雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ファーストエイドキットの中身を充実させよう

投稿日:

アウトドア・ガイドブックで、キットの基本装備を検討し、子ども用のものを加えていく。子どもに合わせたファーストエイドキットを充実させよう。バンドエイドは最重要アイテムだ。バンドエイドは平和の使者なのだ。涙ながらに痛みを訴える子どもでも、これであっさり機嫌が直ったりする。子どもが喜ぶ人気キャラクターのイラスト入りならなおよい。小さな子達は何にでも登りたがり、親をハラハラさせるが、冒険心に水を差してがっかりさせるのはしのびない。

そこで危なっかしいときにはすぐ手が届くように、いつでも気をつけてあげることと、サイズいろいろのチョウチョウ型バンドエイドがあれば万全に一歩近づく。子ども用鎮痛剤(かむ錠剤とシロップの両方)、下刺止めも必携アイテム。ハーブのチンキ剤をいくつかキットに常備しよう。大きめの切り傷、すり傷もこれでしっかりカバーできる。ハープのエキスを配合した免疫賦活剤などで、体調が崩れそうな予感がしたら使おう。

重傷に伴う耐えがたい痛みが心配な人

重傷に伴う耐えがたい痛みが心配な人は、強力な鎮痛剤を処方してもらい、服用法を聞いてキットの中に入れておく。また、日焼け止めクリームは、強度の違うものを何種類か持っていこう。荷物を少なくしたい人は一番強いものを1本。ただし、これも子どもの肌に合わせて選ぶ。虫除けの使用法も指導しよう。顔には絶対つけない、薬をさわったあとは手をよく洗い、とくに男の子はトイレに行くとき気をつける。虫除けの薬は人体にも有害なことを、子どもに教えておこう。

DEETが入ったものでなく、自然食品店やアウトドア用品店で扱っているシトロネラ系のものなど、より安全な製品を探す。蚊がひどいなら防虫ネットをかぶり、薄手の木綿のウエアで肌を隠すとよい。屋外トイレに岐が多いからと、虫除けスプレーを裸の下半身にたっぷりかけた子がいる。デリケートなお尻あたりはほかの部分より吸収率も高く、毒性の強いDEETだと数倍になるという。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山の持ち物リスト-必要最小限にしておこう

・持ち物のこと 個人の持ち物はどうでしょうか。たとえば行動中のフリースとは別に朝晩冷えるからといってセーターを持っていくとか、汚れるからといってタオルを何本も持っていく人がいます。これらだけみれば一見 …

no image

アウトドアにお父さんと子供で出かけよう

もし、家族と自分たちだけの「秘密の森」でキャンプしたら、それはまさに「大草原の小さな家」となる。そこであなたは、水や火のありがたさ、ナイフ一本の大切さを知るでしょう。それこそ、都市生活では忘れてしまっ …

no image

キャンプの遊び道具-子供と一緒に楽しむ

キャンプのテントの中では、風船が我が家の人気を独占する。みんな寝ころんで足を上げ、風船を落とさないようにする。次の夜も使えるように、たこ糸でザックに結わえて運ぶ。人形に夢中で、2体プラス着せ替え用ドレ …

no image

天体観測初心者は双眼鏡がおすすめ-場所は車から

降るような星の下にやってきた、としよう。車を止めて、双眼鏡やシートを引っぱりし、安全な場所を確保したら、すべてのライトを消してしまう。そして、じっと待つ。人間の眼は、暗闇に慣れるまで、そのくらいはかか …

no image

水を飲むと疲れるというのはウソ-スポーツドリンクを携行しておくと安心

最近の車は性能が良いので、ほとんどトラブルはありませんが、昔の車はエンジンのオーバーヒートがよくありました。人も運動すると発熱するので、蒸し暑かったりすると、オーバーヒートしてしまいます。昔は、登山中 …