雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

エルメスのバーキンの魅力に魅せられてしまったある女性の話

投稿日:

・ブランドバッグの本当の威力

よく、二十歳になったら、バーキンなんてフレーズを雑誌で目にしますが、私の場合は、三十代の頃は周囲が持っていでも、エルメスのバッグにそれほど興味はありませんでした。というより、そんな余裕はなかったんです。私の初バーキンは四十歳になってから初めてエルメスのバーキンを手に入れたのは、四十歳を過ぎてからです、とある女性。

これなら、仕事のときのきちんとした拾好にも、そのネーミング通り、プライベートのジーンズスタイルにも合いそうあまり興味がなかったのに、このカラーには一目ぼれ。聞くと、いまならブルージーンでバーキンのオーダーが可能とのこと。

店内にあるスモーキーな水色の手帳が目に入り、体がびたりと止まりました。店内に入って、商品を見てみると、それはブルージーンという名のカラー。黒のようにフォーマルな印象が強くなく、かといってヴィヴィッドでもない、上品な色合いに惹よ強かれました。四十歳になったばかりの頃、たまたま池袋の西武百貨店のエルメスの前を通りかかったときのこと。

これは運命の出合いだわ

これは運命の出合いだわと、ひとりで盛り上がって、その場で思い切って注文をしてしまいました。でき上がるまでには、一年半〜二年以上かかるとのことだったので、ならば、その間に頑張って仕事をしてお金を貯めよう、と楽観的に考えることに。ところが、幸か不幸か、三ヶ月弱で、私のバーキンは完成し日本に上陸!いまでは信じられない話ですよね。

実際に使ってみて感心したのは、多少乱雑に使っでもへたらないこと。もう購入して六年になりますが、新品のときとあまり変わっていません。当時、マンションを購入したばかりで、お金がどんどん出ていくときだったのに、そのうえバーキンまで。もう我が家は、軽い火の車状態です。オレンジ色の箱から出したマイ・バーキンは感動的に美しく、ちょっと無理してでも買ってよかった、と思わせるオーラがありました、というある女性でした。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

パンツの選び方-もしかしたら一本しか出合えないかもしれないもの

プロでも似合うものを見つけるまでには、何本ものパンツを物色するようです。合うものをなかなか見つけられない女性に、どこそこのあのパンツがいいわよと、アドバイスできればいいのでしょうが、パンツ探しは自分の …

no image

子どもへのプレゼントで小さな私的なものを着せる

私たちは自分の子どもに他人の子どもへのプレゼントを買う時もそうだが、小さな私的なものを着せる。サイズが可愛ければお値段も可愛いというものでもない。モスキーノ・キッズやGAPキッズ、ベビーGAP、オール …

no image

コルベール は重商主義のルイ一四世につかえた

社会階層が消失した日本では、一億総中流といわれるような独特な社会をつくりあげたおかげで、ほぼ全員がブランド品を手にしても、誰も違和感をもたなくなった。ちょっと見方を変えるなら、リボ払いを駆使し、バイト …

no image

ハイヒールを履きこなすことができれば上モノはもうこわくない

ドレスもジャケットも、身にまとえば自然に肩に引っかかる布だから、重力の法則にしたがって自然にたれさがってくれる。ところが、靴は自分の全体重をのせ、なおかつかかとで地面をけって前に進むという、複雑でハー …

no image

スーツの上着をブレザーに変身させる

・スーツの上着をブレザーに変身させる 上着ひとつに対して、パンツ二本。このパンツを交互にはくことによって、常にスーツとして活用できるというアイディアです。ジャケットとパンツを単純に較べると、少なくとも …