雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

エリートが意思決定をし一般大衆がそれを承認するシステムを擁護

投稿日:

政治学の用語で言う多頭政治であって、民主主義ではない。最も優れた人間は気づいた。国民が堕落し腐敗するあまり、不採で不当な人間を信頼して権力の座を与えるなら、海外では少数ながら善良な者たちの手で統治させることが米国政府の責任であり、国内ではエリートが意思決定をし、一般大衆がそれを承認するシステムを擁護する必要があるという考え方である。

自分たちの社会では、強制的な手段は公益に反する。だから、獣を手なずけるために新たな手段を考え出さなければならないが、それには主として世論と国民意識を操作すればいい。ウィルソンの時代になると、英米のエリートの多くは、こう認識するようになった。ウッドロー・ウィルソンは、大統領として、米国内でもきわめて抑圧的な政策を推進することも辞さない人物だったが、大衆闘争によって多くの自由と権利が勝ち取られたところでは、通常そうした手段はとれない。

社会の指導的な知識人もそれに賛同

巨大広報産業が発展し、こうした目的に貢献してきた。社会の指導的な知識人もそれに賛同した。一般大衆は、本来の場所に押しとどめておかなければならないと、ウォルター・リップマンは民主主義に関する進歩的なエッセイで明言した。それを可能にするのは、一つには合意のでっち上げであり、受けがよい政府と思い込ませるいつもの手段だった。ウィルソンの見解によれば、気高い理想をもったエリート紳士は、安定と正義を維持するために権限を与えられるべきなのだった。

広報委員会は戦時のプロパガンダを調整するために作られ、国民の戦争熱を播き立てる上で大成功を収めた組織だった。リップマンはウィルソンの広報委員会の一員として、民主主義の実践における革命を目のあたりにしていた。民主主義の実践における革命によって、特権階級は世論をうまくかわして共通の利益を管理できるはずなのだ。レーニン主義者の考え方と同じである。意思決定者となるべき責任ある人間は、リップマンによれば、戸惑える群れの横暴や怒号とは無縁に暮らす必要がある。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカとイスラエルはアラブ諸国は軍事的な脅威にはならないと考える

アメリカでは、エジプトが平和を提案した一件は有名ではない。それどころか、知られてもいない。一九六七年以降、アメリカとイスラエルは、アラブ諸国は軍事的な脅威にはなりえないと考えるようになった。ヤミット市 …

no image

キューバミサイル危機の最も劇的な瞬間

ミサイル危機の最も劇的な瞬間は、一〇月二五日の安全保障理事会で、アドレイ・スティーヴンソン国連大使によってもたらされた。キューバにあるミサイル基地をアメリカの偵察機が撮影した写真を公表して、ソ連側の欺 …

no image

停戦協定で合意され国際的な義務に違反したからイラクが攻撃された

コリン・パウェルは、アメリカは何が何でもイラクの支配権を奪うという大統領宣言をきっばり否定した。問題はこういうこと。サダム・フセインは戦略的、政治的に決断して国連安全保障理事会の決議に従い、大量破壊兵 …

no image

テロと抵抗運動との違いは何か

国際テロと侵略との違い、テロと抵抗運動との違いも明確にはしていない。こうした問題は興味深い形で提起される。公式の定義はあらゆる疑問に正確に答えてはいない。我々が慣習に背を向け、容認できない結果を招くと …

no image

潜在的な敵がアメリカを凌ぐ軍備を強化することを思い止まらせる

二〇〇二年秋になると、世界各国の関心は史上最強の国家に向けられた。圧倒的な軍事力による感藤とその行使によって権力を維持する意悪を、その国が宣言した。一極世界を永久に維持し、いかなる国家にも国家連合にも …