雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

エピネフリンのレベルが増加したメスのヒツジ

投稿日:

さかりのついたメスのヒツジに、オスヒツジの顔を撮影したスライドを見せたところ、エピネフリン(ドーパミンも同様)のレベルが増加した。そのメスヒツジは、スライドに映ったオスに一時的に夢中になったのかもしれない。

科学者がオスの尿を一満、メスのプレーリー・ハタネズミの上唇に垂らしてみたところ、脳内のノルエピネフリンの分泌量が上昇した。そうなるとエストロゲンが放出され、求愛行動が刺激される。そのメスは、尿のにおいに「惹かれた」のだろうか?

ノルエピネフリンは、哺乳類の特定の求愛ポーズとも関係しているー前湾姿勢だ。これは性的に受け入れ態勢が整っていると宣伝するために、かがみこみ、背中を丸めて、相手に向かってお尻をひょいと傾けるメスの習性のことである。

ほかの脳内化学物質も関与しているはずだ。、リスも、ほかの数多くの動物も、交尾のチャンスをふるいにかけているあいだ、かたち、サイズを見わけ、誘惑的な声色に耳を傾け、過去の成功と災難を思いだし、においを嗅ぎ、触れ、味わいながら、配偶者候補についての情報をかき集めなければならない。

動物磁力にひと役買っている

人間の女性も同じようなことをする。はにかみがちに肩越しに男性をちらりと振り返り、背中を優雅に丸めてお尻を彼の方向にひょいと差しだす。こうしたデータから、ドーパミンとノルエピネフリンのどちらか、あるいは両方が、動物磁力にひと役買っているのではないかと思うようになった。

動物の誘引力を引きだすには、多くの化学作用システムが連鎖反応のようなものを起こしているはずなのだ。恋する動物たちの脳で起きていることそれでもとにかく、動物は恋をする。ティア、バッドブル、スキッパー、タリア、アレクサンダー、ミーシャ、マリア、ヴァイオレット、、サタン。

地球上に住む哺乳類と鳥類のほとんどが、おそらく特定の相手に惹きつけられたことがあるはずだ。一時的に魅せられた恋人たちは、万国共通のビートを刻みはじめる。好みの交配相手に向かって。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

頭の回転の速い理論に興味津々

いちばん印象に残っているのは、スキャン後の面接で彼が口にした言葉だった、とある研究者。彼が装置から出てきたとき、どうだったかと声をかけると、彼は、「もの足りない気分だ」と答えた。 バーバラにとっては初 …

no image

社会的本能、種族保存としてはっきりしているのは

人間の場合、母親が自分よりも子どもをたいせつにする気持は、決して一時の情の迷いではなく、個が必ずしも絶対的な存在の単位ではないことのあらわれと解すべきでしょう。人間において、本能の役割は極端に後退して …

no image

発達した言語能力が必須だった

カバ、バッファロー、シマウマなどの骨の周囲に、数多くの道具が残されている。そうした動物を追跡し、取り囲み、殺すために、彼らには鋭い空間把握能力が必要とされた。戦利品を分配するためには、自分の義務を記憶 …

no image

私は目の前が真っ暗になってしまった

私は目の前が真暗になってしまった。S男になりすましていたとはいえ、私はやはり心の中ではA郎だった。ところがそのA郎としての私の存在の持続が、急に崩れてしまったのだ。もちろん私の記憶ははっきりしているし …

no image

困った癖がある女性

A子さんはシングルのキャリアウーマン。実質的には課長格で、男性の部下もOLの部下も抱えている。一見、女親分風である。たしかに世話好きで、親身になってめんどうを見る。とりわけ、彼女はいろいろな人の身の上 …