雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

エントラッセンとは?退院のことを英語でこう呼ぶ-用語集

投稿日:2014年11月22日 更新日:

・エントラッセン(entlassen)

若手医師にうっかりこの患者は今日の午後にENTだなどと言うと、その患者を耳鼻咽喉科に連れて行ってしまうことがある。なぜなら、耳鼻咽喉科もE(ear、耳)、N(nose、鼻)、T(throat、のど)と略すからだ。退院のことを英語でディスチャージ(diScharge)というが、ドイツ語ではエントラッセンといい、カルテではENTと略して書くこともしばしばである。

・エノゼルケア(angel Care)

ケアとは身の回りの世話をすることだ。その具体的な方法は、2、3人の看護婦が体を拭いてくれて、お化粧もしてくれる。エンゼルとは天使のことであり、看護婦のことを白衣の天使という。しかも、誰でも必ずー回だけやってもらえるのだ。エンゼルケアとはご遺体のケアのことなのだ。

・オカルトブラッド(occult blood)

ブラッドはもちろん血のこと。そして、オカルトブラッドの日本語訳はセンケツである。オカルトとは、オカル卜映画(恐怖映画)のオカルトのことである。こんなことを言うと、ものすごく血なまぐさいことを想像するかもしれない。だが、そんなことはない。この潜血というのは、尿や便の検査で血が混じっていることを意味する。センケツといっても、鮮血ではなく潜血と書く。

オーベン

・オーベン(oben〉

研修医は英語でレジデントというが、和製ドイツ語でコペン(オーベンの反対語でコベン)と呼ぶこともある。
医学部を卒業したばかりの研修医を指導する医師のことをドイツ語でオーベンという。

・エピ

日本語ではてんかんといい、意識を失って倒れて手足がケイレンする病気だ。正しくはエピレプシーと言うが、通常それを縮めてエビと言っている。ところで、古い生命保険契約を下取りして新しい契約に変えることもてんかん(転換)という。しかし、てんかん(病気)の薬を飲んでいる場合は、生命保険契約もてんかんできないことが多い。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

優しさに研修医が涙したある話

外科研修医1年生のE君。下宿に帰っても金がない。週に4日は当直。給料はなんと普通の会社の新入社員の半分以下。卒後研修1、2年生のレベルでは、以前のインターン制と同じく悲惨な生活が待っている。国家試験合 …

no image

要チェック!呼吸器内科の求人を見つけたいなら登録したいサイト

呼吸器内科医のニーズは高まってきています。ガンは日本人の死因の1位となっていますが、肺がんでお亡くなりになられる患者さんが多く、ガンの中でも、肺がんでお亡くなりになられる件数が一番多いそうです。また、 …

no image

ダブルバインドとは?親子の間で起こる事例

ダブルバインド、すなわち二重拘東と呼ぶと呼ばれる状態をご存知だろうか。ふたつの矛盾した命令を受け、身動きのとれない状態におかれることを、ダブルバインドと呼ぶ。 こうした状況に追い込まれた子どもは、矛盾 …

no image

人体を解剖する実習

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むという精神論も含めて、この実習の出席が厳しい学校は多い。医学部自体が、一学年一人程度の小さな学部のうえ、 …

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ病院の事務局に勤めている息子もあの先生なら間違いはないと太鼓判を押すので、さっそくA助教授の診察を予約した。人柄もよく、患者たちにも人気がある。T医科大 …