雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

塩素を含んだ物質を燃焼してダイオキシンがつくられる

投稿日:

塩化ビニルをはじめ、私たちが使っている化学工業製品には、塩素が豊富に含まれています。それらがゴミになって燃やされるとき、塩化ベンゼンができてしまいます。ダイオキシンは、燃焼時の温度が高く(八〇〇度以上)酸素が十分に供給されていると発生しません。したがって、最近は焼却炉も改造されて、できるだけダイオキシンを発生させないようにつくられています。

ダイオキシン類は、ゴミを燃やしたり、農薬や殺虫剤やPCBを製造する過程生成されます。そのために、どこからどのくらい出てくるのかということがなかかわかりません。わが国の場合には、そのほとんどがゴミなどの燃焼によるものであるということがわかっています。塩素を含んだ物質を燃やすときにできる塩化ベンゼンが、ダイオキシン類をつくりだしているのです。

一九九九年六月に、当時の厚生省と環境庁は、WHOの基準に基づいてダイオキシンの耐容一日摂取量を四ピコグラムときめました。耐容一日摂取量というのは、一人の人が一生涯摂取しても健康に影響がでないとされる、体重一キログラムあたりの一日あたりの摂取量です。

この耐容摂取量から、ゴミ焼却施設からの排出ガス中のダイオキシン類の濃度に、一立方メートルあたり〇・一から一〇ナノグラムという排出基準値をきめました。値に幅があるのは、既存の焼却炉の能力に差があるためで、新設の焼却炉では基準が厳しくなっています。

ダイオキシンを危険な物質として扱われてきたが

ただ、これまで、ダイオキシンを危険な物質として扱われてきましたが、世界中の研究者が同じように考えているわけではありません。内分泌携乱物質によって雌化が起こるという説に反論している人々もいます。そのなかの一人は、今までに起こった雌化は、かつて大量に使われたDDTやPCBの影響によるものであり、環境に存在するこれらの化学物質が少なくなるにつれて、状況は改善されるであろうと考えています。

ある研究者は、廃棄物を焼却したときに出るダイオキシンよりも、車の排気ガスやたばこ、あるいは農薬から体内に入る量のほうが多いという説を唱えています。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

京都議定書の目標達成計画の決定までの苦難

京都議定書では、二〇〇八年から二〇一二年の間に、CO2等の六種類の温室効果ガスの排出量を先進国全体で一九九年のレベルより平均五・一二パーセント減らすことをきめました。そして、EU全体で八パーセント、米 …

no image

デジタル財と非デジタル財

非デジタル財とは、鉄、紙、コンクリートなど形を持つ財(有形財)。米や麦などの農産品もまた有形財です。産業革命から二〇世紀までの経済社会は、非デジタル財の生産を増やすことで経済を発展させてきました。大量 …

no image

グリーンコンシューマリズムの目的

ヨーロッパでは、グリーン・コンシューマの動きが広がっています。これは、「環境のことを考えて買い物をする消費者」という意味です。 アメリカでは『グリーンブック』という本が発売され、どのスーパーマーケット …

no image

幸福と幸福感は別の意味

幸福感が「人よりも自分だけ、今だけ、ここだけ」をめざす指針ならば、幸福、とは「人とともに、いつまでも、どこまでも」と感じることです。幸福感が「自分には関係ない」と考えることであれば、幸福とは「自分はす …

no image

遺伝子組換え作物の問題点

遺伝子組換え作物については、何が起こるかわからない。調べようがない。掛け合わせの場合でも、掛け合わせたあとに、害を与える物質が作られるようになったことがありました。そのために、掛け合わせによって、新た …