雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

どうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか?

投稿日:

犬は人間とどうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか。ほかの(攻撃性はない)犬を子犬のあいだに混ぜて、ほかの犬との社会的接触の機会を増やし、数の少ない一腹子が社会的に孤立しがちになるのを避ける。ほかの犬を連れて来られない場合は、人間が毎日一〇分ずつでも一緒に遊び、子犬に触れ、話しかけ、身体をさすってやるだけでも効果がある。

一腹子の仲間から子犬を離し、新しい家に移すのに最適な時期は生後七週間目である。次の五週間のあいだに、人間と充分にふれあいをもてば、犬は人間を群れのメンバーとして受け入れるようになる。彼らは主人の命令に注意を払わず、使役犬としても家庭犬としてもあまり好ましくはならない。この時期に人間と充分なふれあいや相互関係をもたなかった場合は、成長するにつれて厄介な犬になってしまう。

プラスの感覚が育まれていれば

プラスの感覚が育まれていれば、たいていはそれを新しい主人にもうまく転移させられるものである。子犬の時期をすぎても、犬の性格を改善する方法はまだ残っている。最も好ましく強い社会的絆を築きあげるには、子犬の時期に生涯をともにする人間の手に託されることが大切である。それが叶わない場合も人間が毎日一緒に遊んでやれば、少なくとも人間の存在の重要さを犬の心に植えつける効果があるが、先天的に優位性の強い犬(性格テストでAの数が多かった犬)でさえ、人間のリーダーシップと支配を喜んで受け入れられるようになる。

橋正練習は犬が生きているあいだ、折にふれてくり返し実践するべきである。年齢はやはり重要な要素であり、犬ができるだけ若いときに必要な手だてをほどこすのが望ましい。また、犬が飼い主(とその家族)を群れのリーダーとして受け入れたときは、劣位にあまんじ、幸せな群れのメンバーとして喜んでその命令と統制に従うだろう。飼い主は群れのリーダーとしての特権を行使しながら、リーダーシップを確実なものにしなければいけない。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の問題児は頭がいい場合が多い

犬の問題児を扱っている動物行動学者は、問題行動のために連れて来られる犬は、非常に知能の高い場合が多いという。その原因のひとつは、利口な犬はどの行動が最も報償が大きいか、敏感に見分けてしまうためである。 …

no image

犬の吠え方の違いで感情を理解する

犬の声の長さは重要である。高い声で短く切れる場合は、恐怖や苦痛を示すことが多い。しかし高い声でもゆっくりとくり返される場合は、遊び気分や楽しいことへの期待を示している。たとえば低い声で長くうなる場合は …

no image

母ハムスターのためのスペシャルメニュー

・母ハムのためのスペシャルメニュー 母ハムは、自分と胎内の子ハムたちのための両方の栄養を必要としています。いつも以上に栄養たっぶりのエサと水を毎日欠かさないようにしましょう。ひまわりの種などの種子類、 …

no image

チェサピークベイレトリバーについて

チェサピークベイレトリバーをご存知だろうか。この犬種は、赤い雄と黒い雌という二頭の子犬が始まりだった。二頭は一八〇七年にメリーランドの海岸に打ち上げられたイギリスの難破船から救い出された。生まれた子犬 …

no image

動物の不思議な世界

一九四九年、チャールズ・B・スミス夫妻は、フロリダ州セントピーターズバーグからカリフォルニア州サンガブリエルへ引っ越すことにした。ヴィンセントとマーガレットのガディス夫妻は、著書『動物たちの不思議な世 …