雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

どうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか?

投稿日:

犬は人間とどうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか。ほかの(攻撃性はない)犬を子犬のあいだに混ぜて、ほかの犬との社会的接触の機会を増やし、数の少ない一腹子が社会的に孤立しがちになるのを避ける。ほかの犬を連れて来られない場合は、人間が毎日一〇分ずつでも一緒に遊び、子犬に触れ、話しかけ、身体をさすってやるだけでも効果がある。

一腹子の仲間から子犬を離し、新しい家に移すのに最適な時期は生後七週間目である。次の五週間のあいだに、人間と充分にふれあいをもてば、犬は人間を群れのメンバーとして受け入れるようになる。彼らは主人の命令に注意を払わず、使役犬としても家庭犬としてもあまり好ましくはならない。この時期に人間と充分なふれあいや相互関係をもたなかった場合は、成長するにつれて厄介な犬になってしまう。

プラスの感覚が育まれていれば

プラスの感覚が育まれていれば、たいていはそれを新しい主人にもうまく転移させられるものである。子犬の時期をすぎても、犬の性格を改善する方法はまだ残っている。最も好ましく強い社会的絆を築きあげるには、子犬の時期に生涯をともにする人間の手に託されることが大切である。それが叶わない場合も人間が毎日一緒に遊んでやれば、少なくとも人間の存在の重要さを犬の心に植えつける効果があるが、先天的に優位性の強い犬(性格テストでAの数が多かった犬)でさえ、人間のリーダーシップと支配を喜んで受け入れられるようになる。

橋正練習は犬が生きているあいだ、折にふれてくり返し実践するべきである。年齢はやはり重要な要素であり、犬ができるだけ若いときに必要な手だてをほどこすのが望ましい。また、犬が飼い主(とその家族)を群れのリーダーとして受け入れたときは、劣位にあまんじ、幸せな群れのメンバーとして喜んでその命令と統制に従うだろう。飼い主は群れのリーダーとしての特権を行使しながら、リーダーシップを確実なものにしなければいけない。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の知能と訓練性能に差があるかを調べたテストの結果

審査員たちが、犬種によって知能と訓練性能に差があることを認めながら、同時に犬の個体差が大きいことを指摘した。あらかじめ分析をおこなったあと、ある専門家は約二〇名ほどの審査員に電話をかけて補足取材をさせ …

no image

頭の良い犬が必ずしも最良のパートナーとは限らない

私たちは習慣の生き物であり、利口な犬は家族の翌慣を学びとって予測するようになる。学習能力に優れた犬は、家庭内での日常的なことがらについてものみこみが早い。知能の低い犬は反応が鈍い。部屋の真ん中の快適な …

no image

犬の吠え声の色々な意味

ケアーン・テリアは跳躍が得意なのだが、ハイ・ジャンプを命じられると、一回だけの喜びの吠え声をあげる。ほかの犬たちは餌の皿を前にすると、同じ吠え声をたてる。犬の吠え声には、色々な意味があるようだ。何度か …

no image

オオカミの行動と性格について一般に浸透しているイメージ

犬はオオカミが飼い馴らされたものだとする専門家たちは、犬に見られる大きさや形のちがいは、時代に応じてその土地固有のオオカミが家畜化されたためだとしている。つまり、北のオオカミはジャーマン・シェパード( …

no image

ペットとの共生社会実現をビジネスを通じて行う

「ビジネスを通じてペットとの共生社会実現」に努力しているユニークな店や会社があります。2005年7月、東京都世田谷区が「人と動物との調和の取れた共生推進プラン」を策定しました。これは前年6月に施行した …