雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

塩化ビニルの焼却が増えてしまうと

投稿日:

プラスチックは、使用上の問題だけではありません。廃棄物としても困った存在です。特に自動車をはじめ、私たちの生活の中の至る所に使われている塩化ビニルは大きな問題となっています。

塩化ビニルの焼却には二つの方法があります。その一つは、乾式排ガス処理方式と呼ばれる焼却炉をもちいるもの、もう一つは、湿式排ガス処理方式の焼却炉をもちいるものです。グリーンピース・ジャパンの調査によると、塩化ビニル一キロを焼却すると、乾式の場合で〇・八〜一・四キログラムの有害廃棄物が出ます。

欧州環境局は、廃棄物中の塩化ビニルについて、いくつかの研究を研究機関に委託しました。塩化ビニル廃棄物の量は、欧州でも毎年四一万〜七二万トンずつ増えています。

一方、湿式では〇・四〜〇・九キログラムの有害物質が、洗浄水中に残留物として残ります(塩化ビニルの焼却によるダイオキシンの発生は大きな問題ですが)。もし私たちがこのまま塩化ビニルを消費しつづけると、塩化ビニルの焼却は増えることになります。

有害な可塾剤や安定剤が流出してきます

塩化ビニルを焼却せずに埋め立てても、有害な可塾剤や安定剤が流出してきます。これらの物質は、非常に安定で寿命が長いので、流出による有害性も長年にわたってつづくことになります。たとえば、フタル酸エステル類の浸出率は三〇〜三五パーセントです。このフタル酸エステルが、土壌や地下水を汚染して、生物に影響をあたえることになります。

では、リサイクルしたらどうでしょう。農業用フィルムやパイプ(管)類は回収・再生されているようですが、一般の消費者が使う日用品の再利用はむずかしいようです。EUでの塩化ビニルのリサイクルは三パーセント未満です。このように、どの点から見ても、プラスチック、特に塩化ビニルは環境を汚染し、人体に影響をあたえる可能性が強い物質です。

化学は苦手といっている場合ではないと思われませんか?塩化ビニル製の日用品は、表示してあるはずですから、極力減らしたいものです。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

木を切ったら生きていけなくなるのに一生懸命木を切りつづけている

もし宇宙から地球の運命を眺めるならば、宇宙人として地球の未来を眺めるならば、どういうふうに見えるでしょうか。まずフロンガスをどんどん出しています。オゾン層が破壊されたら自分を死に至らせることを知ってい …

no image

深刻な公害は成長志向の企業によって引き起こされている

水俣病などに代表される深刻な公害は、すべて成長志向の企業によって引き起こされています。成長志向を持たない企業は、企業としてやっていけないわけだから、企業が環境配慮型の経営に転換するなどということは、「 …

no image

酸性雨でコンクリートなどが溶ける

日本でも鎌倉の大仏や、上野公園の西郷隆盛の像が徐々に溶け出しているのはご存じのことでしょうか。緑や白の変色やさびが増えています。都会の町並みを散歩するとき、緑の木々の間に立ち枯れの木はないでしょうか。 …

no image

エイズの発症による人口抑制が猛威を振るっている

九〇年代に入ってから、エイズ(後天性免疫不全症候群)による人口抑制が猛威を振るっています。国連が二〇〇〇年六月に発表した報告書によりますと、アフリカのサハラ以南のHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者は …

no image

地球は有限-いわば閉ざされた部屋

つくることもできず再使用もできない石油や石炭等は、できるだけ消費を抑え、リサイクルできる金属やガラス等はリサイクルしなければなりません。そして浄化、環境、再生等すべてのエネルギーは、太陽エネルギーによ …