雑学

円は何故YENと書くのか?ENではないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

円は何故YENと書くのか?ENではないの?

円は外国ではYENと表記されているが

円は外国ではYENと表記されている。ローマ字で書けば、ENのはずなのに何故なのか。円は何故「YEN」なのか。

国際競争力をつけ、世界の通貨となった円の語源ははっきりしていないが、円は何故YENと書くのか、有力な説がある。

外国人はYENならばエンと発音するが

その理由は、外国人はYENならばエンと発音するが、ENだとインと発音してしまうからだといわれている。

ちなみに、江戸時代に日本になってきた外人さんは、江戸のことを「YEDO」と表現したという話もあるようだ。

円という通貨単位を使っているのは

円という通貨単位を使っているのは

また、円という通貨単位を使っているのは日本だけであるが、中華人民共和国で似た発音の圓(円の旧字体)を使っているからだ、とも言われているようだ。

圓の紙幣の裏には、「YUAN」と表記がしてあり、これが、「YEN」に変わったのではないかという説もあるそうだ。

日本の通貨の表記を円にした理由

あと、日本の通貨の表記を「円」にした理由は何だろうか?説は2つある。

一つは、明治2年に新しい通貨の発行を決定した時、鋳造機が、それまでの方形から円形にするので円を使おうといったという説。

もう一つは、当時の鋳造械の導入先が円単位の硬貨をつくっていた香港だったからという説。真偽のほどは定かではない。

日本の海外進出が強まるにつれ

日本の海外進出が強まるにつれ、一般庶民でも円の為替レートが気になるようになった。

毎日テレビで発表される円の相場を見ながら、いま海外旅行をしたほうが得か損か、気にかけている人も少なくないのではないだろう。

明治時代の1円の価値は

明治時代の1円の価値は

世界中の投資家の間で不安心理が広がると日本の円が買われる…というのは外国為替市場では常識となっているが、ちなみに、明治時代の「1円」って、今のお金に換算するとどれぐらい価値があったのだろう?

明治時代の1円は、今の3800円ぐらいに相当することになります。

円の価値は高いが

今はまだ日本に信用があり、円の価値は高いです。

しかし将来のある時点で国債の利払いが苦しくなり、この「円」に対する信頼が揺らぐ時、日本国債に対する懸念が強まっている。

実は、紙幣の価値というのは、流通量や経済の上がり下がりでどんどん変化していくのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加