雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

栄養素の不足のチェックの誤り

投稿日:

本来、体は何でも知っています。そのとき体にどんな栄養素が不足しているのか、どのくらいの食べものをとればよいのか、自分に必要な塩の量は一日何グラムなのか。でも、それがつねに、わたしたちの欲求としてそのまま表現されるわけではないのです。

疲れているときによくどうしても甘いものが食べたい!という欲求が生じます。過労の状態のとき、その人は一時的にヴァータが増加しているのですが、甘い味のものはヴァータを下げる作用があるので、体が欲求するのです。こういったとき、たいていの人はつい甘いものを食べすぎてしまいます。わたしたちは、さまざまな欲求を感じとり、その都度、どうするかを決断して行動しています。でも、その一瞬の欲求に素直にしたがうことが、つねに最善の結果をもたらすとは限らないのです。

無性に甘いものが食べたい、あるいはもっとたくさん食べたいという欲求に素直にしたがった結果、太ってしまい、不調や病気を生じさせてしまうことがあります。ほかにも塩辛いものへの欲求、タバコやアルコールへの依存、ゲームやショッピンと欲求にそのまましたがってしまう。

体は緊急避難的に、手っ取り早い方法でヴァータをしずめようとして甘いものを求めますが、このとき本当に体が必要としているのは、休息です。休息や睡眠を充分にとり、そもそも過労の状態にならないよう活動することを求めているのです。疲れるたびに甘いものを口にして、過労をまぎらわせてしまいます。でも、これでは本当の解決にはなりません。

理知とは決断する機能

また、理知の誤りには、重症度によって三つの段階があります。わたしたちは自分に対して間違った決断をして行動し、その結果、自分を不健康にしたり、不幸せにしてしまうことが、よくあります。アーユルヴェーダではそれを理知の誤りと呼んでいます。知らなかったせいで間違ったことをしていたというもので、正しい知識さえもつことができれば、ちゃんと直すことができます。

ここでいう理知とは、決断する機能のことです。本当はほうれん草を食べないほうがよい方が、ほうれん草は健康にいいと思いこんで毎日食べている、というケースなどがあります。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

便秘は朝にトイレに座る習慣をつけることで解消できる

便秘は朝にトイレに座る習慣をつけることで解消できる。 早起きをして、朝トイレにすわる習慣をつけましょう。早起きは便秘解消にバツグンの効果。できるだけヴァータの時間帯か、ヴァータに近いカパの時間帯に起き …

no image

足がむくみやすい原因や改善方法

・足がむくみやすい むくんだ足への対処も必要ですが、同時にむくみやすい体質そのものを改善していくことが必要です。足に重さやだるさ、鈍い痛みが生じるので、こういった方は圧力分散ソックスをはいたり、足をマ …

no image

体の定期点検を受けるのに適した方法

定期点検は問題の発生を事前に食い止める。体も同じように扱おう。もしも大切にしている車があれば、みなさんは手入れを怠ったりしないはずだ。おかしなエンジン音がしたり、故障して動かなくなるまで放っておいたり …

no image

人の成長過程-赤ちゃんのときからの頭の学習

索引簿を開いて、ええと、確かあのときも同じような痛い目にあったけれど、いったいどうすればいいんだったっけなどとのんびり探し出していては、自分の身体を危険から守れません。ほとんどのマニュアルは自分で経験 …

no image

若年性関節リウマチの症状などに効果の高いグルコサミン

変形性関節症、若年性関節リウマチ以外にもグルコサミンは効果があるか?どのようなタイプの関節の傷または痛みに対しても、グルコサミンは効果があると、グルコサミンの権威の一人である生化学者のリューク・R・ブ …