雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

映画で製品を露出しそのイメージを大物スターと結び付ける

投稿日:

映画で製品を露出し、そのイメージを大物スターと結び付けることができれば、アパレル・メーカーにとっては何よりの宣伝になる。そう語るのは、二〇世紀フォックスのプロダクト・プレイスメント担当副社長で、大きなファッション契約を数多く手がけてきたスーザン・サフィアである。映画を見に行くというのは、二時間のコマーシャルを見に行くようなものなのだ。

デザイナーやアパレル会社は、今やビッグ・スクリーンが消費者に及ぼす影響力の大きさを重々承知していて(プリティ・ウーマンでジュリア・ロバーツが着てた赤いドレス、まだ目に浮かぶでしょう?)、このメディアをフル活用しょうとしていた。ウォール・ストリートでマイケル・ダグラスが見せたパワフルなエグゼクティブ風の装いは、当時のコーポレート・ファッションを大いに感化した。サタデー・ナイト・フィーバーがレジャー・スーツを大衆に広めるのに果たした役割は、スタジオ以上に大きかった。

自分の服が映画の中でバカにされること

たとえば、お騒がせな人種差別主義者に衣装を提供したがるブランドなど、まずないだろう。その手の人間を連想させるイメージが付いてしまったら困るからだ。彼らは、商品が最大数の目に、それも最も買ってくれそうな観客層の目に触れるような形のプロダクト・プレイスメントを選ぶ。デザイナーは、自分の服が映画の中でバカにされることを望んではいない(たとえば、登場人物にコケにされるような設定だとわかってたら、カルバン・クラインがショーツを渡してくれるだろうか?)。

また、各企業からは、観客がすぐに気づいてくれるようにはっきりとした見せ方をしてほしいという要求が出るので、製品は嫌でも目に付くことになる。ティーンエージャー向け夏休み映画の類にシャネルがスーツを貸し出すことはないでしょうね。ターゲット層が見ないのなら引き合わない。映画のエンド・クレジットに隅から隅まで目を通す人なんて実際にはいないだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

裸足で歩くとふくらはぎに痛みが走ることに気づく

怖い話は枚挙にいとまがない。「きつすぎる靴を履いたせいで足の爪が黒くなって鄭がれかけ、除去しなければならなくなった例はこれまでたくさん見てきました。街歩きに向かない靴でショッピングに走り回ったりするの …

no image

ショーにエンターテイメントを注入することとディスプレイに変えること

ファッション・ショーは実はプレスのためのものであり、最終的には読者のためのもの。そのことを考えれば、それまでに発表したジャケットのバリエーションばかり見せて観客を死ぬほど退屈させるようなことは、全くの …

no image

ボディイメージとはという問題と大きめサイズを受け入れようというテーマ

当時の女性誌としては画期的なコンセプト。一九九七年には、ボディ・イメージ問題と、大きめサイズを受け入れようというテーマにまるまる一号費やすことを決めた。なぜボディ・イメージは国民的強迫観念なのかなぜ私 …

no image

ネクタイの結び方で長さを調節する方法

・ネクタイの長さの調節方法 有名ブランドのタイをごくふつうに結ぶと、どうしても長くなってしまうことがあります。これは実は首のサイズや体型の違いからくるものです。現に、ネクタイの長さは約145センチ前後 …

no image

スリムな体型へ-秘密兵器的ファッションの裏ワザ

・スリムな体型への秘密兵器 少しゆとりのあるシルエットのほうが賢明でしょう。でも、たいていの場合、無意識のうちにタイトな服を選んでしまうのです。やや太り気味の人が注意すべきは、細身の服を着ないことです …