雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

笑顔とコミュニケーションは別枠ととらえましょう

投稿日:

常に笑顔を絶やさないように、どんな時にでも無理やり笑顔を作ろうとする人がいます。特にハートの弱い、繊細な日本人に多いのかもしれませんが、無理やりに作った仮面の笑顔にはたして意味はあるのでしょうか?他人のスマイル仮面に憧れたりしないで、自分のぎごちない正直さに誇りを持ちましょう。そしてあくまでも自分のやり方で自分の笑顔の花を咲かせるのです。悲観的に考えず、笑顔を安売りしない自分の性格に感謝しましょう。

スマイル仮面の人だって決して楽しんではいないはず。ただ、自己表現がハッキリできない時にスマイルしてその場をしのぐ癖がついてしまっただけ。彼女たちは社交的な性格だと思われがちですが、私はむしろ逆だと感じています。他人との間に距離を置き、そこを越えられないためにニコニコで幻の橋をかけようとするのです。たしかに笑顔はコミュニケーションにとって大事なことかもしれませんが、いつ何時、どんな状況であってもひたすら笑顔だけ。

スマイルの効果を半減させないためにも

怒っていたり、不安な時、イライラしている時でさえ、無理やし笑顔を作る。こんなことをしていたら、精神のバランスが崩壊してしまいます。顔はヒクヒクと引きつっています。スマイルの効果を半減させないためにも、笑顔とコミュニケーションとは別々に考えたほうがいいでしょう。確かに天然のスマイルにはコミュニケーションを潤滑にするパワーが潜んでいます。だからといって、コミュニケーションはスマイルにあり、ではないと思います。なによりもまず、感情に正直であることが素敵なのです。

常に、何か質問されたらどうしようと心配なのでニコニコで自衛します。相手を選んでニコニコで攻撃したりもします。でも彼女たちはおそらくそんな自分に満足していません。仮面をはずし、ホントの顔を見せたいはずです。自分の笑顔が人工的だというのは、彼女たち自身がいちばんよく知っています。ホントの表情こそ、一番美しいのではないでしょうか。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

ロジカルな構造構造の上に感情がある

感情さえもロジカルな構造の上にあります。「論理が通じない」とあきらめる前に、論理が独りよがりになっていないかを確認してください。たとえば、「こちらの論理がいいと説得する」というのはどうでしょう。まずは …

no image

話自体は彼女のほうに向けられていても

彼女の側からしますと、W氏が右から左へ移り、加えて右肩から上体に力が入って、やや前にのり出しているので非常に印象が強くなっています。その上、彼女のほうにまっすぐ右の手が向かっています。それは彼女に対し …

no image

プラスの要因は相手のさまざまな欲求をみたすことを意味する

クイック・レスポンスを心がけるのは、現代人の必須の条件。手紙の返事は、一週間以内に返すことが望ましいという人もいます。長くなりますと、ありがたみもなくなるものです。ざっとうグズであったり、欠礼をするの …

no image

話題に困ったら感動を話材にして会話する

こんなことを心がけてみませんか?話をしていて、話題に困った時は、話題にしばられないようにするのです。展覧会に行きたいと思っていること、その理由、それだけで十分話材になります。自分の眼に見えるもの、耳に …

no image

理由をつけて投票に行かないなどというのは極端なエゴイストか

ほんとうの人徳でリーダーシップを発揮する人が上につけばよいのですが、別な力で、汚れた金で、力をもつようになったら危険このうえもありません。民衆が聡明でないと、その指導者に実体以上の力をつけてしまって、 …