雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

Dr.アルなびの口コミ

投稿日:2015年5月23日 更新日:

Dr.アルなびは、非常勤や単発アルバイトなどの求人を見つけることができるサービスです。Dr.アルなび以外にも、Dr.転職なびというサービスも運営しています。

そんなDr.アルなびの口コミを紹介していこうと思います。

Dr.アルなびの口コミ

・ずっと常勤で勤務していて、アルバイト経験はありませんでしたが、Drアルなびのおかげで良い求人案件に出会うことができました。

・常勤をしながら、アルバイトが出来たらと思い、こちらを利用することにしました。エージェントさんがしっかりと動いてくれ、何とかバイトを見つけることができました。

・見つかりましたが、思っていたほど良くはありませんでした。今度はエムスリーさんに登録してみようと思います。

・利用してよかった。すぐにバイト先を見つけてくれて、とにかく対応が早かった。もっと早くからこのサービスを利用すべきだったと思った。

・常勤で週4勤務をしながら、アルバイトできる求人を探していたら、こちらのことを知り、ドクターアルなびに登録をしました。けっこうすぐに求人を見つけてくれ、そこそこ良い勤務先を紹介してもらえました。ここは悪くはないと思います。

Dr.アルなびの良い点

Dr.アルなびのホームページ上では、求人の検索ができます。定期アルバイトとスポットアルバイトの求人案件を検索することができ、細かい条件を指定して検索をすることができます。曜日別に選べたり、日勤、夜診、当直などの条件別で求人を探すことができ、求人が探しやすいです。

日本全国の求人を検索することができ、常時数千の求人を掲載しています。常勤の求人は600ほどで、定期アルバイトの数は3000くらいあります。スポットアルバイトは、2500ほどあります。

検索条件ごとに求人の検索

検索条件ごとに求人の検索ができ、診療科ごとに求人を見つけられます。非常に使いやすいので、すぐに求人を見つけ出すことができると思います。

・外科日勤

一般外科 消化器外科 脳神経外科 美容外科 乳腺外科 整形外科 外科系その他

・内科日勤

一般内科 呼吸器内科 内分泌科 人工透析内科 腎臓内科 神経内科 老年内科循環器内科 消化器内科

・その他

かなりの求人を保有

精神科 小児科 泌尿器科 産婦人科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 皮膚科 美容皮膚科 リハビリテーション科 麻酔科 放射線科 健診・ドック 救急科 神経科 ペインクリニック科 その他専門科目

など、かなりの求人を保有しています。

定期アルバイトを探す場合には、曜日ごと、日勤のみ、夜勤のみと、細かく求人を探すことができます。

スポットアルバイトは、カレンダーからご希望の日にちで探すことができます。

転職エージェントが担当

そして、自分で求人を探せるだけでなく、転職エージェントが担当をしてくれますので、あなたに代わって、最適な求人を紹介してもらえます。サービスはすべて無料で利用でき、仕事をしながらでも、転職エージェントが、仕事を見つけてきてくれ、転職活動をする手間が省けます。

面接に同行をしてくれたり、条件交渉などもしてくれますので、アルバイトを探す場合でも、転職エージェントを利用するべきだと思います。

先生一人一人に担当者が付きます

先生一人一人に担当者が付きますので、担当者にご希望の条件を言っておくといいでしょう。

希望の条件を言っておけば、その希望に合った求人を紹介してもらえます。求人紹介をお願いしても、料金はかかりません。無料でお願いできます。

常勤先の都合など

常勤先の都合、エリアを特定、入り・上がり時間交渉までも、あなたに代わってしてくれます。

また、求人応募をし、入職をした後も、長期的にサポートをしてくれます。もしも勤めている病院を変えたいのであれば、転職エージェントを利用するほうがうまくいくと思います。

Dr.アルなびでは、高収入案件が多数取り扱われていますので、かなりおすすめです。

Dr.アルなび公式ページ

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医学研究種類の細分化が引き起こす患者を人として見ることの欠如

医学研究を進めていく上で、細分化、専門化することは必要であり、科学の一つの方法であるが、最終目標が臨床医ということであれば、なぜ病気になるのか、病気になるとなぜ人問は苦しむのか、社会的にはどういうこと …

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や島根でも研修医が増えているということは、むしろ若い医者の間で、地域医療を学びたいというニーズが増えて …

no image

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周囲の医学部信仰も衰えることはない。学生の能力を伸ばせる指導ができる教諭の少ないことが、結果、他の分野 …

no image

医療従事者の被曝量の問題

がんの放射線治療は、患者さんに利益をもたらすものであり、局所的に大量の線量が照射されるが、その被ばく線量に制限は設けられていない。 がんの放射線治療は、がん病巣を治療するという目的を達成することができ …

no image

常勤の医師が仕事を変えたくなったら活用したほうがいいサービス

医者は意外に離職率が高い職業だと言われています。ネガティブな理由で辞める医師もいますが、キャリアアップなど、ポジティブな理由で勤めている職場を辞めるケースもよくあります。 女医さんはかなり離職率が高い …