雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

道路の整備は都市生活者のエゴではありません

投稿日:2015年5月8日 更新日:

道路の整備は都市生活者のエゴではありません。問題になるのが財源です。まして膨大な債務を抱えた道路公団です。魔法の杖でもなければ解決できそうにありません。これまでと同じく、通行料金の値上げを繰り返しながら、その徴収費用で高速道路を造り続けるのも無理な話でしょう。さすがに、大人しい日本人も高速道路の料金値上げには敏感で、抵抗が強くなっているからです。きちんと計画的に整備しなければ都市交通は慢性的な渋滞がますます悪化し、資源の点でも環境の面でもマイナスです。

日本中の、渋滞時において無駄に消費される燃料、および、そのときの排気ガスの量を計算すれば、渋滞がいかに非効率的なものかがわかります。運転席に長時間座っている多くの人の貴重な時間も無駄に費やされることになります。極端な表現ですが、それは一人一人の人生を短くしているようなものです。それではどうすればいいのでしょうか。一つには、ガソリン、軽油の代金に1、2円上乗せし、それで道路を造る方法があります。

車の買取査定を上げる色々なポイント

混雑した道しか提供されない

この程度の金額なら、許容範囲だと受け止めてくれる人が多いのではないでしょうか。あるいは、約9兆円にものぼる自動車関係の税金から回す方法もあります。道路公団の債務にしても、9兆円のなかから計画的に返済していけばいいでしょう。日本自動車工業会の試算では、車両価格180万円の乗用車を9年間使うと、6種類の自動車関係の税金が課せられ、平均的なドライバーの負担合計額は約123万円になるそうです。これだけの税金を納めていながら、混雑した道しか提供されないのです。

もともと自動車関係の諸税を道路整備にきちんとあてていれば、今のように、にっちもさっちもいかない状況は招かなかったと思います。さらに、他の国と条件を合わせて税金を計算してみると、日本が9年間で70万円なのに対し、英国は57万円、フランスが46万円、ドイツが41万円、米国に至っては18万円にすぎません。日本人は米国人の4台分の税金を1台で支払っている計算になります。まさに収奪です。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の適正な納車のため専属工場の有無を確認する

専属工場を持っているかどうかをたずねてみて、ないといわれたらその店は避けたほうが無難だ。販売店を選ぶ際に知っておいたほうがいいのは、その販売店が専属工場を持っているかどうかということ。 納車予定日にな …

no image

日産マーチの評価-コンパクトカーの定番車種

コンパクトカーの定番車種である、日産の人気車種マーチ。マーチのようなコンパクトカーは、運転にあまり自信を持てないユーザーが、街中を中心に使うケースが多い。初代と2代目はそれぞれ長年にわたって生産を続け …

no image

中古車の修復歴の定義-クルマが壊れなければ

事故車は怖い。誰かをひいていたら・・。でも、中古車業界で事故車という言葉は絶対の禁句。何があっても絶対に使わない。中古車でいちばん怖いのは、事故車をつかまされちゃうこと。使うのは、修復歴のあるクルマと …

no image

ディーラーと街の中古車販売店の違い

ディーラー系とは、新車の販売店の中古車部や直営店であり、一方、専業店とは中古車を専門に取り扱う、いわゆる街の中古車店だ。国産中古車でもこのふたつのラインがあり、以前からその違いは指摘されている。いい店 …

no image

アルテッツァの魅力は後輪駆動

アルテッツァの魅力のポイントは、後輪駆動ということ。コーナーで尻を滑らせることができるできないといった問題でなく、たしかに後輪駆動は、日常的に乗って気持ちがいい面が多い。トルクもそこそこ出ているし、こ …