雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

動物の叫び声は痛みを表すのではない

投稿日:

あるときべルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネルが、マールブランシュをサントノーレ街のオラトリオ会修道院に訪ねたことがあった。話している最中に、彼はマールブランシュが自分の足許で寝ていた妊娠中の犬を蹴とばすのを目撃した。犬は痛がって悲鳴をあげ、フォントネルはあわててそれをかばおうとした。知らんのかね、こいつはなにも感じないのだよ。

マールブランシュは平然とこう言ってのけた。デカルトの説によると、動物が打たれたときに発する叫び声は痛みを表すのではなく、時計やゼンマイじかけの玩具を落としたときにバネや鐘がガチャンと鳴るのと同じであった。デカルトの分析は、その後の動物に対する残虐行為の正当化に使われるようになった。デカルトの学説を敷術させたフランスの哲学者ニコラ・ド・マールブランシュは、動物は喜びを感じることなく食らい、痛みを感じることなく暗き、わけもわからずに行動する。彼らはなにも欲さず、なにも恐れず、なにごとも理解しないと主張した。

これらは感覚や知覚をもつ生き物ではない

結局のところ、これらは感覚や知覚をもつ生き物ではないのだ。彼らは研究のために分解されるただの機械にすぎない。やがてこうした論拠から、生物の血液循環のありさまを調べるために、動物の四肢に釘を打って解剖する実験までおこなわれるようになった。哀れな動物に同情する人々は、無知な愚か者として一笑に付された。動物の痛みや苦しみは現実のものではないのだ。道義上の問題を云々するにはあたらない。このような姿勢は過去の家味な時代のものに思われるかもしれない。

しかし、こうした極端な見方が、デカルトが学説をたててから、現在でもいまだに残っているのだ。実際、動物の心情はすべて意識とは無関係であるから、彼らが傷を受けても間接的にさえ倫理とは関わりをもたない特筆すべきは、こうした見解をもつ科学者も哲学者も、私生活ではまるでちがった行動と考え方をとることである。人間だけが意識と知能をもち、人間の苦しみや痛みだけが意味をもつという極端な概念を私生活でも貫くのは、きわめてむずかしいようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ジャンガリアンハムスターはおっとりした性格

シャンガリアンハムスターは、おっとりハムの代表選手。一般的な毛色は灰色(グレイ)で、背中に黒い線が入っているもの。他の色には、ブルーサフアイア(薄いグレイ)、スノーホワイト(白+黒日)、パール(白で背 …

no image

犬を飼うならご近所トラブルなどに気をつけよう

飼うことが決まったら、どこでどのように飼うのかを事前に決めます。まずは室内で飼う場合、居間の隅など家族とコミュニケーションがとれるようにしましょう。その次は、犬のための生活用品の用品揃え、あとは犬がく …

no image

ハムスターを慣らすには?

・慣らすときの注意点 なによりも落下事故に注意して、ドワハムをあまり高く持ち上げないように気をつけます。最初はちょっと緊張していますが、やがて手の上でくんくん匂いを嗅ぎ出すはず。両手でドワハムをすくう …

no image

ハムスターにあげる野菜でおすすめのものは何?

同じ野菜ばかりでなく、いろいろな野菜を組み合わせて。水分の多いキュウリ、トマトなどは、下病になりやすいのであげすぎには注意して。でも、水をあまり飲まないハムの場合は、これらの水分の多い野菜も与えましょ …

no image

ハムスターに元気が無い場合

ハムスターに元気がない、眠ってばかりいる、食欲がないなど、明らかになんらかの病気が疑われるとき、人間用のかぜ薬などを与えてしまう人がいます。でも、これは絶対にやめてください。人間用の薬でドワハムに与え …