雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

動物のオスとメスの恋愛で見せる特徴

投稿日:

ー八月初旬、スキッパーのかわいらしいつれ合いが一匹のまるまるとした赤ん坊を産んだ。ゾウと同じように、ビーバーたちも求愛に多大な同じように、求愛エネルギーを「特別な」相手に一心に、彼の小さなお相手もまた、愛情たっぶりによせてもらえれば、まるで「愛し合って」いるかのように。

一匹はいかにも楽しそうにたがいのからだの上でころげまわった。ライデンの目には、まるで前戯のように映ったという。二匹は水に飛びこみ、泳ぎ、甘美な、まるで人間のような声色でおしゃべりを交わした。いっときも離れていられなかった。おそらく水中で交尾したのだろう。

あらゆる動物社会のなかで恋愛中のオスとメスが見せる特徴は、人間の恋愛のおもな特徴と共通しているようだ。まずは、動物も激しいエネルギーを発散させている。アメリカテンのオスとメスは、まるで狂喜乱舞するかのごとくたがいを追いかけ、身をかわし、跳びはね、くるくると動きまわる。

オスがうたた寝をはじめてしばらくたっても

イタチのメスは、交尾が終わり、オスがうたた寝をはじめてしばらくたっても、まだ跳びはねつづけている。つがいのジャコウネコもたがいに激しい追いかけっこをくり広げる。ある種のコウモリのオスは、交尾の前、メスに向かって元気ばいに翼を震わせる。

イタチの追いかけっこはすさまじく、自然誌研究家たちが「けんか遊び」とよぶほどだ。オスが「興奮したように声を震わせながら」地面を駆けめぐり、一方のメスが「はしゃいだようにオスのまわりをびょんびょんと跳ねることがある」という。大型動物も、繁殖期にはエネルギー満々になる。チンパンジーのメスにさかりがつくと、オスが群がりはじめる。

発情期のアナグマは前脚で地面をかきながら、ごろごろとのどを騒々しく鳴らす。さかりのついたメスのラットは、求愛中のオスのにおいを嗅ぐと、跳んで、駆けずりまわって、さらに跳びながら、耳をばたばたとさせ、肩越しにちらちらと視線を投げかけ、「こっちに来てよ」といわんばかりのしぐさを見せる。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

自然が定めた宿命について複雑な気持ちを抱く

自然が定めたこの宿命について、複雑な気持ちを抱いている。人とつき合ううえで、のべつまくなしに恋愛感情を花咲かせていれば、いずれ性的に消耗しきってしまい、死んでしまう人が多いだろう。 たがいの恋心を再燃 …

no image

エピネフリンのレベルが増加したメスのヒツジ

さかりのついたメスのヒツジに、オスヒツジの顔を撮影したスライドを見せたところ、エピネフリン(ドーパミンも同様)のレベルが増加した。そのメスヒツジは、スライドに映ったオスに一時的に夢中になったのかもしれ …

no image

利己的な体験価値追求者が不遜な態度でいるならば

あるすばらしい体験をした人が、そうした体験をしえたことに感謝の念をもち、自分と他人との共同意識の中で、その体験が、自分を通して人類に与えられたというようなやや表現がオーバーではあるが意識をもてるときは …

no image

夫に依存してしまうパーソナリティ

自分で独自に物事が決められないで、自以外の依存対象に意見を求め、その人の意見に従おうとする傾向が主な特徴だが、インドでは、女の人は父親か夫に相談しないで社会的な物事をやってはいけないという決まりになっ …

no image

社会生活に適応する必要上

自分の我欲の満足のために、人を利用したり、接取したりすることを平気でする。人の権利はまったく無視してしまう。自分の業績を上げるためには、そのときだけ調子のよいことを言って、相手をおだてたり、気分をよく …