雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

動物行動学を学ぶ際ほとんど宗教原理のように教えられるもの

投稿日:

動物は意識を持つのか?論理的には、人間が意識をもつなら、生命と反応力をそなえたその他の生物もまた、反証のない限り、意識をもっと仮定しうる。この論法も逆の論法と同じく有効であり、少なくとも客観的データが得られる範囲では、いずれも最終的には真実に到達するはずである。行動主義者は、理屈からいえば、正反対の論点から出発してもよかった。意識を認める立場でも理論を展開できたであろう。

意識と知的計画性を認める仮定から出発すべきだとはいっても、やはり濫用は控えるべきだろう。ここでいくつか戒めとなる実例を記しておきたい。モーガン法典、である。モーガンは英国の心理学者で、一八九〇年代から一九三〇年代にかけて動物心理学に関する多くの重要な著作を書きあげた。モーガン自身の言葉によれば、原則はある行動が心理学上、低次元の機能の働きに起因すると解釈できるときは、いかなる場合も、それを高次の精神機能の働きの結果であると解釈してはならないというものだった。

広くこの考え方を受け入れた

大学で動物行動学を学ぶ際、心理学や生物学の授業でほとんど宗教原理のように教えられるもののひとつで、原理の提唱者はC・ロイド・モーガンであった。行動主義者たちは広くこの考え方を受け入れた。モーガンは喜んで動物に意識を認めていた。彼は犬の行動を直接例に引いている。意識はたしかに高次の精神機能であるから、動物の行動に別の方法で説明がつくなら、動物に意識を認めることは正当ではないと解釈した。

実際には、この解釈は誤りである。その著作動物における知性の限界の中で、彼は散歩から帰ってきた犬が疲れて腹をすかせ、キッチンに行って料理人のほうをねだり顔で見あげていたと書いている。これについてモーガンはこう語っている。私は一個人として、彼が頭の中に骨のようなものを思い描いていたと確信するモーガン法典は実際には、動物の行動に知能をあてはめる際に、単純な常識ある説明の範疇を踏みはずすのを戒めているのだ、と。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の操作能力および問題解決のテスト

・操作能力および問題解決のテスト 低すぎて犬が頭をつっ込むことはできないが、前足をその下に入れることはできる、という程度の高さのテーブル状のものを用意する。本を二、三冊ずつ離して積み重ね、その上に大判 …

no image

コーギーは手入れが簡単だが抜け毛は多い

犬を飼えば毎日の食費や、万一のときの医療費なども、決して安くはありません。飼いはじめたものの、毎日の世話が面倒くさくなったから飼育を放棄するということが決してないようしなければなりません。 短毛のコー …

no image

犬の群れのリーダーと部下のそれぞれ特徴的な行動

群れのリーダーと部下にはそれぞれ特徴的な行動がある。リーダーはどんな食べ物でも第一優先権があり、好きな場所で寝ることができ、いかなる出入り口も最初に通過し、新しいテリトリーへ最初に足を踏み入れ、望んだ …

no image

犬は主人のボディランゲージのシグナルを認識する

犬は人間が無意識に発している信号を受けとめている。人間が怒っていると、その怒りが犬に向けられたものでなくても、あるいは人間が感情を表に出すまいとしていても、犬はまるで自分がなにか悪いことをしたかのよう …

no image

ハムスターにアロマテラピーで免疫力アップ

・免疫力アップにアロマテラピーも有効 ラベンダーやユーカリなどの工ッセンシャルオイルを使ったア口マテラピーは、ストレス解消だけでな、ハムの免痩力も向上するとの報告があります。現在、一部の動物病院で成果 …