雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

動物は好みがうるさい過剰なエネルギーにあふれていた

投稿日:

トーマスいわく、マリアはすぐに、ひじを床について、遊びに誘うポーズをとった。追いかけて、と身ぶりで示したのだ。ミーシャはそのとおりにした。すばやく、陽気に、うれしくてたまらないといったようすで二頭の犬は部屋じゅうを走りまわった。ミーシャとマリアはたがいにすっかり夢中になり、ほかのことにはいっさい気づかなかった。

その日、ミーシャの飼い主がこの元気いっぱいの犬をトーマス家へ連れてきた。ミーシャは跳ねまわるようにしてリビングルームへ入ると、あたりを見まわし、すぐさま美形のマリアに目をとめた。その瞬間、ミーシャは彼女の足もとへすっ飛んでいき、すべるようにして足を止めた。

ミーシャは、自分の飼い主が去ったことにすら気づいていなかった。よろこびいっぱいの二頭は、あっという間に離れがたい存在になった。食べるときも、寝るときも、散歩も一緒。四匹の元気な子犬をもうけ、ともに育てたーしかしそれも、ミーシャの飼い主が彼を田園地方の知り合いに譲ってしまうという、暗い日が来るまでのことだった。

彼の帰宅をあきらめるようになった

やがて彼女も、彼の帰宅をあきらめるようになった。それでも、「マリアは彼を失ったことから最後まで立ち直れなかった」とトーマスは書いている。「彼女はかつての輝きを失いほかのオスとは永遠の絆を結ぼうとはしなかった。それから何年かのあいだに、りっばな独身のオスが何頭か家族に加わったというのに」。

動物は好みがうるさい過剰なエネルギーにあふれ、特定の相手に一心に注目し、「特別な」パートナーを追いかけ、食欲不振に陥り、辛抱し、やさしく愛撫し、キスし、よりそい、これらはすべて、恋する人間に見られる顕著な特徴である。

そのあと何週間にもわたって、マリアはトーマス家の窓際に腰を下ろしていた。あの日、まさにその場所から、愛するミーシャが無理やり車に乗せられる光景をながめていた。その場所で、彼女は思いこがれていたのであった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

主観と客観の自我の分裂はフロイトが最初に発見したものだった

C子さんには人一倍厳しく、自分は部長なんだという態度を絶えずとっていないではいられない。現実のあの不器用さをいつも世話しているのは私なのに。でも、私は決してそれを世話する看護婦でも下女でもないわとC子 …

no image

人はいつから恋の詩をつくるようになったのか?

言語能力に長けた人、音楽的なセンスのある人など、能あふれる男女が交配相手に選ばれるようになった。ミラーはこう結論づけている。「心は月明かりの下で進化してきた」。 人はいつから恋の詩をつくるようになった …

no image

より開かれた人類の心

自己の激情が表現されるにしても、どこかでは自分に限定されない、より開かれた人類の心あるいは大宇宙の心ユンクのいう集合無意識を含むが自分の激情を通じて、自己表現をしていくのだという感じがでてくるものです …

no image

依存型パーソナリティに対する評価

自分が頼っている周りの人々はすべて、自分の手段、道具になる。これが自己愛型依存である。こうした依存型のパーソナリティに対する評価は、日米の間にかなり大きる。日本人の場合には、「甘えの構造」と言われるよ …

no image

松下幸之助のダム経営と洞察力

ダム経営は、市民に水をいつも供給するためにダムを作って水を貯めておくように、企業もかせいだ金をその都度使い切ってしまわないで、一割なら一割、二割なら二割は残さなくてはいけない、という、いわば当り前な堅 …