雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

動物同士の誘引力はホルモン・サイクルによるのか

投稿日:

動物行動学者のフランク・ビーチは、一九七六年に同じような観察記録を残している。「交配するかしないかは、メスの性ホルモンの有無と同じくらい、各個体の好みに左右される」。ホルモン・サイクルとは関係なく特定のメスを好むオスがいるように、メスのほうも、集団のなかでの地位に関係なく特定のオスに惹きつけられる。

動物同士の誘引力はたんにホルモン・サイクルによるのだ、と考える人もいるだろう。オスが特定のメスを選ぶのは発情の生理のためだ、と。しかし著名な科学者であるグドールの考えはちがう。彼女は、「チンパンジーにとって、ホルモンの影響とはいっさい関係のない相手選びが重要なのはあきらかだ」と書いている。じっさい彼女は、数多くの霊長類のオスは、「特定のメスにたいしてはっきりとした好みを示し、それはホルモンのサイクルとは無関係だと考えられる」と主張している。

ダーウィンは一年以上も前からその点に気づいていた。著書人類の起源のなかで彼は、きわめて攻撃的な種であっても、メスがいちばん強くて勇敢なオス、あるいは繁殖期にいちばんの好成績をあげているオスに惹きつけられるとはかぎらないと指摘している。

種が異なればモテるタイプもちがってくる

種が異なればモテるタイプもちがってくる。多くの種のメス(人間の女性もふくめて)が、高位のオスに惹きつけられる傾向にある。一等地に巣を構えるオスを好むのもいる。守ってくれたり、子育てを手伝ってくれたりするオスを好むのもいる。

「むしろメスは、オス同士がう前だろうが、あとだろうが、とにかく無意識のうちに特定のオスに興奮し、それを好むと考えられる」ライオン、オオカミ、コウモリ、そしておそらくは蝶も、交配相手を見わけ、あるものを頑として拒み、あるものへの求愛に全エネルギーを注ぐのだ。

左右のバランスがとれた尾羽や、いちばん赤い顔をしたオスを好むのもいる。それ以上に、オスはメスの健康状態やからだの大きさやかたち、そして年齢を気にすることが多い。しかしグドールによれば、霊長類にとっては「個性」もまた大きな意味があるという。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

恋に落ちた男女の脳をスキャンすると

詩人や芸術家たちは、視覚的イメージのパワーを表現してきた。ウィリアム・バトラー・イエーツはこう書いている。「ワインは口から入り、愛は目から入る」心理学者のほとんども、視覚的イメージが恋愛感情を引き起こ …

no image

自分本位になる

都合の悪いことは忘れてしまうし、言いたいときには自分本位の感情で自己を主張するし、自分の自己愛を満足することしか考えていないというその貧欲さがむき出しである。だから、恐れ、嫌う人は多くても、身近にいて …

no image

胸が痛い悲しみを背負いながら

わたしがそのことを知ったのは、ある朝、ニューヨーク州立大学の心理学研究室に足を踏み入れたときだった、と語るある先生。大きな会議テーブルの前で、バーバラは泣きじやくっていた。愛らしい彼女がそこまで胸を痛 …

no image

不本意な責任感に縛られている

不本意な責任感に縛られている。また、私の仕事、私の集団を大事にするという、閉じた欲求や集団愛に根ざしてもいたでしょう。しかしその中に、集団の個々人が大事になっていく過程もありました。つまり私が「みんな …

no image

愛と憎しみはどこでつながっているのか

バーバラは装置の台から飛び降りる、ドアから飛びだし、そのまま真っすぐ建物から出て行ってしまった。わたしが話す時間もなければ、実験に参加してくれた謝礼の五ドルをわたす暇もなかった。 愛と憎しみはどこでつ …