雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

動物の中でも哺乳類は移動力がある

投稿日:

動物の中でも哺乳類は移動力がある。低山だけに棲息するというものは多くない。果実が好物のニホンザルは、低山の森の代表的な動物に思える。だが、北アルプスでは、春先に山麓部分にいたサルの群れが、暖かくなるにつれて順高山帯にまで姿を見せ、秋の紅葉と共に山を下ってくる。

彼らは人の目のように、くっきりと物を見ているわけではない。動くものを追うのだから、むしろその場にしゃがみ込んで身を低くして、じっと動かなければ去っていく。たとえ腕などに止まっても、彼らは止まった辺りを調べているだけなので、じっとしていることが肝要だ。とにかく、騒げば刺される。

ニホンカモシカも夏は標高の高いところにいるのがふつうだが、急な岩壁があれば低山帯でも暮らしている。彼らにとって、崖は安全地帯なのである。ツキノワグマとヒグマも同様で、低山から高山まで、どこにでも姿を現わす。ツキノワグマは、秋にはドングリやブナの実を好んで食べるから、低山の森に多いことは確かだ。

低山に比較的定住する傾向のある動物は

低山に比較的定住する傾向のある動物は、樹洞に巣を持っ夜行性のムササビやモモンガ、草原を好むシカの類、雪が苦手なイノシシである。ノウサギやユキウサギは平地から低山に多いが、亜高山帯にもしばしば姿を見せる。北海道の低山から高山の岩場にはナキウサギが棲息している。氷河時代の遺物といわれ、巨岩がゴロゴロしているところで休息などしていると、「キッキという鳴き声が聞こえてくる。しばし待っと、その姿を岩の上に現わす。盤奥類や食虫類は種類が多いこともあって、環境によって棲息している種が異なる。

ヒグマはふだん山麓の森に隠れるように生活しているが、秋には遡上してくるサケマスを狙って海岸や河口部にまで姿を見せる。また高山帯のお花畑でも出くわすことがある。ニホンリスやエゾリス、シマリスなども平地から低山に多い。だが、シラビソなどの実やコケモモの果実を好んで食べるので、低山に限って見られるものでもない。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

吹雪の朝は最悪

山小屋を出たら、人気のない裏へ回ってみる。そこに新しい足跡があればいうことはない。だが、古ぼけた足跡らしきものでも幸運といえる。理論的には、その動物が生きている限り、その古ぼけた足跡の先には必ずその主 …

no image

ウォーカーのトレーニングの一歩は「歩き」

山に行くと、よく林道を通って目的地の入口に近づくことがある。ちょっと見通しのよいところから先を見ると、林道がはるか彼方にまで伸びており、目的地はまったく見えない。こんな光景に出くわすと、もうそこで精神 …

no image

車の中で子供が泣き止まない-こんな時どうすればいいのか?

我が家の2歳児は、揺り籠、走行中のクルマ、チャイルドキャリア、と多少の振動はものともしない。しかしカヌーでのお昼線だけは苦手で、パスしてしまうか、陸に上がって散歩をしてキャリアの中で寝つくかだ。狭いト …

no image

ザックの選び方-日帰りなどに使うお買い得商品は?

体の形や大きさは人それぞれだ。脚ばかりひょろっと長い子もいる。購入時の目安は胴の長さ、つまり肩から腰までの長さだ。身長が違っても胴の長さが同じなら、同じザックが合うはずだ。ザックには、さまざまな調節機 …

no image

動物の足のつけ方の特徴

体重が中指一本だけにかかるウマなど、体重が中指と薬指の二本にかかるカバ・ラクタ・キリン・シカ・ウシなどの種類を合わせた、進化した有踊類にふつうに見られる。この種は草原あるいは平原など、開けた場所に棲息 …