雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

動物の学習能力や順応性について

投稿日:

動物の順応性で重要な要素がある。試行錯誤にもとづいて学習し、最終的には報償に結びつく特殊な信号に反応できるようになること。単純な例では、座れの命令に適切に応えると、頭をなでられたり、おいしいものがもらえたりする、ということである。学習のさまざまな次元で欠かせないのが、記憶能力である。

個体によって学習の進度にも効率にも差があるように、彼らの短期的記憶と長期的記憶の能力にもちがいがある。作業学習、は、犬の積極的な働きかけが必要となる。言語理解、は犬が人間の言葉の信号を学ぶこと。社会学習、は人間やほかの犬の情緒的・社会的信号に対する反応を学ぶこと。環境学習は、一種の概念地図あるいは直接的環境の表象を学ぶこと、すなわち日常的なものが置かれている位置や特定の個体が慣習的に発見できる場所、あるいは特定の行為が通常起こる場所を学習することである。

比較的無期限に情報をたくわえることができる能力

長期的記憶、は比較的無期限に情報をたくわえることができる能力で、ほぼ永久的な記憶となって残る。心理学者は、約五分間保たれた情報は、五〇%以上の確率でひと月後にも正確に思い出すことが可能であり、約四〇%は一年後でも思い出すことができるとしている。短期的記憶、は、いかなる情報処理においても大切な第一段階である。相手がお話し中で、いったん切ったのち改めてもう一度ダイアルしようとしても、忘れてしまっているのに気づく。

番号を聞いて記憶にとどめてダイアルしてから、再度ダイアルする三〇秒ほどのあいだに、短期的記憶は消えてしまう。誰でもきっと電話交換手や友人に電話番号を訳ね、その場ですぐにダイアルした経験があるだろう。その番号は短期的記憶として頭の中にたくわえられたのだ。順応的知能で重要な要素が、問題解決能力である。個体が正しい解決を見出して目の前にふさがる物理的・観念的障害や障壁をとり払い、報償への道を切り開く能力である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の歯についた食べ力スは歯石や口臭の原因になる

歯についた食べ力スは、歯石や口臭の原因になり、歯周炎などをおこすこともある。子ども用のやわらかい歯ブラシか指先に巻いたガーゼでみがく。歯みがさ粉は不要。歯石はつめ先でこすり取る。がんこな歯石はスケーラ …

no image

あなたは本当に利口な犬がお望みだろうか?

あなたは本当に利口な犬がお望みだろうか。家の中を馬鹿な犬が走り回るところなど、見たくもありませんね。もちろんとたいていの人は利口な犬がお望みだろう。しかし、そう答える前に、もう少し考えてみたほうがよさ …

no image

ペットの高度二次医療、夜間救急など

あるペット専門センター病院は、西日本の開業獣医が共同で設立したものだという。あるペット専門センター病院では、ペットの高度二次医療、ペットの夜間救急、獣医の卒後教育、専門獣医育成の四事業を目的にしていま …

no image

聖パトリックの一生は犬と縁が深い

聖女マルガレーテを描いた絵には、昔からきまって彼女のスカートの端をくわえる犬や、鎖につながれて彼女のかたわらにいる犬が描かれている。また、犬が聖者や賢者の徳の高さを敏感に察知する例も記されている。のち …

no image

ペットフードの過去の消費動向

ペットフードの過去の消費動向として、次のようなことが言えました。 ・その他のペットフード:鳥用フード、観賞魚用フードは増加しているが、過去数年間増加傾向の続いていたウサギ、ハムスターなどの小動物用フー …