雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

動物の不思議な世界

投稿日:

一九四九年、チャールズ・B・スミス夫妻は、フロリダ州セントピーターズバーグからカリフォルニア州サンガブリエルへ引っ越すことにした。ヴィンセントとマーガレットのガディス夫妻は、著書『動物たちの不思議な世界ーあなたのペットがもつ超能力』のなかで、飼い主一家と再会するために少なくとも四千キロを旅して、猫科のペットが忠義をつくしたものとしては最長距離記録を樹立した猫の物語を紹介している。

トムがセントピーターズバーグの家を買ったロバート・ハンソンになついているようなのを見たスミス夫妻は、彼に猫を託そうと決心したのだ。猫は人より家につくという話を読んだことがあったためだろう、スミス夫妻は、トムを長旅のストレスにさらし、日課をつづけられなくしてしまうのはよそう、と決めた。

スミス夫妻は、誠実な友人を見捨ててしまったことを、さぞかし深く悔やんだことだろう。サンガブリエルに転居してから一週間後、スミス夫妻はハンソンからの手紙で、トムが家出してしまったという悲しい知らせを知った。この知らせは、かなりショックだったようだ。

やかましい侵入者を追い払ってちょうだい

やかましい侵入者を追い払ってちょうだいと頼まれたミスター・スミスが仰天したことに、その猫は、逃げだすどころか、彼の腕のなかに飛びこんできた。一九五一年八月初めのある日の午後、つまりカリフォルニアに引っ越してから二年と六週間後、ミセス・スミスは庭で鳴きわめいている猫の声にいらだちをおぼえた。

ミセス・スミスは、にわかには信じられなかった。彼は、トムだと気づいたのだった。夫妻がロバート・ハンソンのもとに残してきたのは、よく太った毛並みの美しい猫だったからだ。その疫せこけた生き物は、骨と皮ばかりで、疲れはて、ぼろ切れのようになっていたーキッチンの床にうずくまってしまうほど弱りきっていたのだ。

ガディス夫妻の著書によれば、「そのとき、わたしたちは確実なテストを思いついたのです。トムはベビーフードで育ったのですが、とりわけ〈パブラム〉がお気に入りでした。そこで(ミセス・スミスが)お皿に〈パブラム〉を盛って床に置くと、見るも哀れなその猫は、それまでぐったりしていたというのに、いきなりお皿に飛びついて、ひげまで口をつっこんだのです」。その毛は太陽にさらされて白茶け、つかもうとするとごっそり抜け落ちた。

それに、空っぽになったお皿の横で眠りこんでしまったーそれくらいして当然なことをしたんですものートムも、とっても幸せそうでした、と語った。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

キツネに従順さを求め続けたある実験

わずか二〇世代の交配で、科学者たちは家畜化されたおとなしいキツネを作りあげることができた。この交配実験からいくつか驚くべき結果が生まれた。彼らは人間から逃げようとはせず、逆にふれあいを求め始めた。その …

no image

犬のストレス解消法-おもちゃや留守番中の困った行動の予防

犬のストレス解消法には、色々とあります。 犬の留守中の困った行動を予防したり直したりするために、「散歩」や「遊び」など人間にとって望ましい方法で、ストレスを解消させてあげましょう。犬との信頼関係を深め …

no image

ペットとの共生社会実現をビジネスを通じて行う

「ビジネスを通じてペットとの共生社会実現」に努力しているユニークな店や会社があります。2005年7月、東京都世田谷区が「人と動物との調和の取れた共生推進プラン」を策定しました。これは前年6月に施行した …

no image

ドッグフードや医学の進歩のためかなり長寿の犬も珍しくありません

犬は屋外運動が好きです。夏期の真昼の運動や散歩は避けます。体高が低い犬ほど活発に走り回ります。天気のいい日は、照り返しがかなりきつい。散歩だけでなく、ときにのアスファルトにも、熱がこもっている。ロング …

no image

犬が飼い主を助ける話

犬が飼い主を助ける話。 ある日曜日の夜、週末のスキー旅行からもどったシュワーズルは、修理工場で自分の車を整備することにした。カリフォルニア州サンホゼに住む自動車整備工ジョゼフ・シュワーズル(五十二歳) …