雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

土砂崩壊対策-よいリーダーは皆さんの様子を見ている

投稿日:

待望の三〇〇〇メートルの夏山です。谷筋に残る雪を雪渓と言います。日本アルプスの山々には真夏でも雪の残っている山がたくさんあります。さすがに春は尾根筋にも雪がありましたが、いまは谷筋だけです。少し離れた所から見ると白い雪渓と、緑の尾根のコントラストが美しく、近寄ると尾根沿いに高山植物が咲き乱れており、真夏の雪とあって物珍しさもあります。

白馬岳の大雪渓では雪渓が登路になりますし、剣岳や穂高岳でも雪渓を通過する所があります。初めての方は滑りやすいのでっいい下ばかりを向いて歩きがちです。まして荷物の重い登りではさらに下を向きがちです。一緒に行ったリーダーは何か落ち着きなくキョロキョロしています。これらはもちろん冬や春の雪崩や雪解けの時に巻き込まれたものが多いのですが、雪渓の縁では今も雪解けが続いており、岩や土砂の崩落が起きておりますし、雪渓の上にのった石が雪が解けて落ちることもあります。雪面を見ているとけっこう石がのっています。

雪渓でもかなり頻繁に起きている

落石というのは岩場だけでなく、雪渓でもかなり頻繁に起きているのです。ほとんどは最大傾斜線沿いに高い所から低い所へ落ちてきますが、中には偏平の石でカーブしながら落ちてくるのもあります。しかも、雪の上を落ちる石は、意外に静かに落ちてきます。山で落石を見かけたらラーック落石と大きな声で注意することになっています。そういう声を聞いたら、すぐ上を見てください。

自分に向かって来ているようなら最大傾斜線からはずれる方に逃げてください。よいリーダーは、皆さんの様子を見たり、天気を見たり、石が落ちてこないか、雪渓上の正しいルートを歩いているのかとキョロキョロしています。一緒に下ばかり見ているリーダーは考え直した方がよいかもしれませんね。自分が安全な位置なら下にいる人にラーック落石と大きな声で注意してあげてください。でも、あまり余裕のない皆さんはマネをしないようにしましょう。皆さん自身がラーックになってしまわないようにするのが一番です。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

キャンプ場で起こりえるトラブル

管理人のいないキャンプ場などでは何が起こってもおかしくない。運がよければ誰にも会わなくてすむが、ゴミや割れたビール瓶が散らかっていれば、深夜族がひいきにしている可能性あり。騒音が気になったら、すぐに直 …

no image

自然を楽しみながらのおしゃべりと食事

ブランケットを敷き、バスケットをテーブルがわりにして、自然を楽しみながらのおしゃべりと食事。ときには、釣り、狩り、スポーツ観戦といったものと一緒に。それがピクニックだ。ピクニックは非常に手軽で簡単。こ …

no image

登山初心者は日記をたくさん書くようにしよう

さあ、登山に出よう。玄関から一歩外に出れば、そこがまさにアウトドアの始まりです。いつもとはちがう、ゆったりとした時の流れに身を置こう。週が明けたら、あなたの、そして子供たちの目は、絶対に澄んでいる。ワ …

no image

坂道歩行時の傾斜が消費エネルギーに及ぼす影響

坂道での歩行における道の傾斜が、消費エネルギーに及ぼす影響は、たとえば傾斜が六度のときのエネルギー消費は、三度のときのエネルギー消費の二倍となる。これに速度の変化が加わると、さらに必要なエネルギーは増 …

no image

交通ルールの基本を家族全員でおさらいして練習もしておこう

自転車ツーリングでは、交通ルールの基本を家族全員でおさらいして、練習もしておこう。交通量のある舗装路では、大人2人でリードと最後尾を担当する。よく目について、クルマのほうも気をつけてくれるからだ。泊り …