雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ドレスの着こなし-着ることは女性だけに与えられた特権

投稿日:

仲間と気軽に催す食事会やホームパーティーなどの、まったくカジュアルな集まりにドレスなんか着ていくと、ちょっと場違いな感じを心配されるかもしれない。でも、ドレスを着ることは女性だけに与えられた特権なのだから、どんどん着ていただきたい。

ドレスをいかにもよそゆきの堅苦しいよそおいと考えたり、逆にワンピースを着ると子どもっぽく見えると錯覚している方は、ワードロープの中にドレスはあまり必要ないのではないかと思いこんでいるかもしれない。
ふだんとは違う華やいだ気分になれるのは、うれしいもの。立居ふるまいだって、ぐっと女らしくなるし。ドレスといっても、フォーマルなロングドレスからマイクロミニのスリップドレスまでいろいろある。

ドレスと聞くと、フォーマルウェアで、着る機会は年に数回と思っている方もいるだろう。フォーマルシーンとは友人の結婚式、クリスマスパーティーに謝恩会などであろうか。アフターファイブに、ちょっとすてきなドレスに着がえて、デートや友人とのパーテイーに出かけたらそれは幸せな害になることうけあい。もっと気軽にドレスを楽しんでもらいたい。

決してブランド物でなくていいのだから

何か催しがあれば、決してブランド物でなくていいのだから、ドレスを一着新調してみよう。久しぶりにドレスを買う方や、初心者はまず思い切ってブラックで攻めてみるのも悪くない。ドレスのかわりに、スーツやジャケットがあればいいわというのでは少しさびしい。しかも女性に生まれてよかったな、と感じさせてくれるょうなシンプルで、しかもフェミニンなドレスを。

また、黒は、女性をミステリアスに見せ、セクシーかっ演女に見せる。着る人やオケージョンにょって、いくらでもアレンジできるオールマイティーな色。黒は、もっともセクシーで厳粛、もっとも地味で派手な色だ。しかも黒は夏でも冬でも重宝する。黒の使い方をもっと追求してもらいたいものである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

エルメスのバーキンの魅力に魅せられてしまったある女性の話

・ブランドバッグの本当の威力 よく、二十歳になったら、バーキンなんてフレーズを雑誌で目にしますが、私の場合は、三十代の頃は周囲が持っていでも、エルメスのバッグにそれほど興味はありませんでした。というよ …

no image

サンジェルマン・デ・プレは16区やヌイイーとは一線を画している

ルノワールのムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットやスーラのグランド・ジャット島の日曜日の午後に描かれた、あの明るい日に照られ華やいだ日曜日の午後のひととき。梅雨のないパリでは、陽光あふれる六月の野外でのラン …

no image

パリのファッションといえば黒というのは誤解

・色づかいは風景を考えて パリのよそおいといえば、黒と思っている日本人が少なくないだろう。ヴィクトワール広場からエチエンヌマルセル通り、またはマレー地区(どちらもデザイナークローズの店が軒をつらねる) …

no image

映画の衣装デザインはトレンドに影響を与えてきた

今日では、広告と番組の境目は曖昧になっている。これは危険な状況だと言える。なぜなら、中立の立場で意見を言っている人とお金をもらっている人の区別がますますつきにくくなるだろうから。時には、テレビのパーソ …

no image

アール・ドゥ・ヴィーヴル-人生をエンジョイすると幸せに美しくなる

最近の経済調査によると、パリのマダムたちの洋服に対する支出の割合が、ここ一〇年で着実に減少傾向にある。一方、支出が増えているのは住にまつわるインテリアや食器類、それに食材。そして、旅行。どれもこれも生 …