雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ドライブ中にゲームで車内を盛り上げて子供を喜ばせよう

投稿日:

子供とのドライブで子供を退屈させないようにするにはどうすればいいか?思考や意思疎通が論理的にできるほど大きくなったら、ゲームを取り入れよう。1歳半のブライスでも、ワンちゃんゲームができる。知っている犬の数が多くて驚くはずだ。これは、知り合いの誰かの名前を挙げて、その人や家族が飼っている犬(ペット)の名前を子ども達が答えるゲーム。また、お部屋ゲーム。

誰かが一つ部屋を選んで、そこには何が置いてあるか、どんな感じか、何に使うのか、家のどの辺にあるのかを描写してみせる。そして、どの部屋かを当てるのだ。崩れ落ちた納屋の屋根、草を食べるウシ、庭に置きっばなしの玩具、落葉樹のリスの巣。こんなふうにテーマを決めて探すのも楽しい。色を決めて同色のクルマを探したり、アルファべット順に、同じ音で始まるモノを移り行く景色の中に探したりするのもいい。何か素材を決めて、そのモノで何が造れるかをヒントにし、ほかの参加者が当てるというゲームもある。

ヒントも細かさと正確さが大切

たとえば木。鳥やリスの家に使われる。家具や家が作られる。暖房の燃料になる。子どもが幼いほど、ヒントも細かさと正確さが大切だ。年長の子ども相手なら、もっと漠然とした難しいヒントでないと、すぐ飽きてしまうだろう。壁の絵やドア横のゴミ箱、そんな細かいものをヒントにし、ときには縁側や納屋まで部屋の数に入れる。旅も終わりに近づいて、そろそろホームシックを感じ始めるころに人気のあるゲームである。

このゲームをするとホームシックが強まる一方、心の中に懐かしいおうちを築くことで満たされ、切羽詰まった気持ちが和らぐようだ。モノの名前を言って、それで何ができるか順番にリストアップしていくという、逆のやりかたもある。ただ、答えを当てるゲームのほうがワクワク度が上で、子ども達に好まれるようだ。こういったゲームなどで、子供とのドライブを盛り上げていこう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

パーティーはリーダーだけでなく一人一人の役割が決まってることが必要

私は大学の山岳部に入部しました。そこはさいわいよき伝統を持つクラブですぐその役割を覚え実践することができました。リーダーが四、五、六と言えば四時起床、五時食事、六時出発なのです。行動が終わって幕営地に …

no image

山での出来事をアルバムにまとめる

大量の画像をアップロードすると、目的の写真を探そうとする場合、大変だと思うかもしれない。しかし、写真ごとにタグやコメントをつけておくと、検索機能で、後から目的とする写真を見つけ出すことができる。撮影日 …

no image

山小屋は予約なしだと色々と面倒なことが増える

・山小屋は予約すべし 昔、山小屋の食事といえば、夕食はカレー、朝食はご飯に味噌汁と相場が決まっていました。予約なしで泊まり客が来ても、なんの問題もありません。昔々、山小屋は登山者の緊急避難の場所でした …

no image

ツーリングの宿泊を旅館とキャンプ場の両方をうまく利用する

ツーリング中の宿泊を、旅館や民宿にすると、シュラフやテントを持たずにすむ。もっともこれだと、気が向いたところにふらっと立ち寄って、のんびりそこで夜を過ごすことは不可能だ。しかし、旅館とキャンプ場を両方 …

no image

子供とのお出かけ-ぐずったりごねたりには何か隠れた理由がある

子どもがぐずったりごねたりには、たいてい何か隠れた理由がある。私達親はそれを見極める責任があるのだ。クルマを降りて休憩したいのだろう、と私達は考えた。そしてブライスが激しく幅吐するまで、クルマ酔いによ …