雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

良い悪いドクターの例を紹介-よく観察した方がよい特徴や注意点

投稿日:2014年11月21日 更新日:

一見、重い病気だったんだから仕方がない。諦めましょうという慰めのコトバに聞こえるが、必ずしもそうとは限らない、「私が見てもダメだったんだから・・」患者が死亡した時に、医者が遺族に言うコトバ。もし優秀な医者が治療していれば、こんなに早く死ぬことはなかったのを見破られないためにわざとこのコトバを使う場合もある。たとえば、自分がヤブ医者であること。だから、医者がどういう顔をしてこのコトバを言っているのかを、よく観察した方がよい。

患者の中には、医学大百科事典にも載っていないことを平気で質問する人がいるので、良い医者ならば、正直にわかりませんと答えるしかない。医者に何か質問したところ、わかりませんなどと答えられると、こいつはヤブ医者だと思いたくなるが、必ずしもそうとは限らない。ところが悪い医者は、わかりませんと答えると自分がヤブ医者だと見破られてしまうと思い、適当な出まかせを言ってその場をのがれる。

様子を見ましょうという言葉

医者が「様子を見ましょう」という言葉。どういう場合にこのコトバを使うかというと、大した病気ではないし、とりあえず処置をして薬も出したから、次第に良くなるはずだという場合などに使うのである。医者が「様子を見ましょう」と言っても、様子をじっと見ているだけとは、もっと積極的にマジメに治療しろ!何ていい加減なんだなどと怒ってはいけない。なぜなら、良い医者も悪い医者もこのコトバを使うし、別に悪気はないからだ。

有名人と知り合いということと、その医者の医療レベルが高いかどうかということとは、何の関係もないから、「有名人と知り合いでして」もし、こういうことを言う医者がいたら、その診療内容は疑ってかかった方がよい。良い医者は、仮にたまたま知り合いの有名人がいても、決してそんなことは口に出さないものだ。いや、それどころか、自分の医療レベルの低さを隠すために、わざわざそんなことを言っている可能性すらある

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザとサイトカイン免疫反応

私たちが意識して、インフルエンザになったかな?と思うのは、高熱が出たり、のどが痛かったりせきが出たりと様々な症状が現れたときで、そうしてウイルスの感染を疑います。 インフルエンザになったかな?と思って …

no image

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった。病院で研修を受け、そのうえで、何科に進むかを決めてよくなった。もちろん、これが十分な研修と言えるかどうかは、まだまだ疑問点はあるが、大きな改革である …

no image

検温カードで勘付かれてしまった病気の勘違い

研修医の小僧など、彼女たちの手にかかっては赤子も同然。キャリア6年の医局員M医師でさえ、表面はにこやかにふるまいながら、内心は早々に回診を済ませたいところである。T大学病院の消化器病棟でも、とくに元気 …

no image

病院へ行く理由がないのに何度もくる老人が多いらしい

昔から4コマ漫画では、病院の待合室にいるお年寄りが数人集まって、今日、〇〇さん来てないけど、病気にでもなったのかねぇと話している風景がありました。行くところがないから病院行ってくる。これって、現実にあ …

no image

新人ナースを嫌がる患者さん-しかし嫌なことばかりではない

学ぶエネルギーに満ちあふれ、フレッシュな気持ちで患者さんに接してくれる看護実習生。実習生は、たいてい一人の患者さんを受け持ちます。そして、先輩の本物ナースからいろいろ教えられながら医療現場で勉強を積み …