雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

独立心の強い、決断力があり、おとなしく、頭がいい犬

投稿日:

犬種別の気性や知能についてとなると、これらの本は事実をゆがめ、良くみせかけようとする傾向が一般的であるようだ。ダンディ・ディンモント・テリアを例にとってみよう。これは訴えるような深々と輝く目をした個性的な小型犬で、体高は二五センチほど、体重は一〇キロぐらいである。ダンディ・ディンモント・テリアは、サー・ウォルター・スコットの小説によって一躍人気者になった。

テリアの古い犬種で、一七〇〇年代初期の頃、イングランドとスコットランドの国境に近いチェヴィオト丘陵地帯で、ダンディ犬がアライグマ、キツネ、カワウソなどの狩猟に使われたという記録が残っている。言い伝えによれば、スコットは旅の途中で、この犬の群れを飼っているハーウィックのジェームズ・デヴィッドソンに出会った。

彼の手になる小説の主人公はダンディ・ディンモントという名前で、命知らずの六頭、老ペッパー、老マスタード、若ペッパー、若マスタード、小ペッパー、小マスタードを飼っている(べッパーとマスタードは犬の毛色からつけられた名前である)。スコットはこの男とその勇敢な小型犬の群れにいたく感銘を受け、彼を主人公にした小説ガイ・マナリングを書き、一八一四年に出版した。

主人公にテリアについてこう語らせている

スコットは主人公に、テリアについてこう語らせている。奴ら、毛皮のついたものだったら、なあんにも怖いこたねえのさ。この威勢のいい小型犬は、小説に登場したおかげで、たちまち全世界でダンディ・ディンモント大として名を馳せ、しかしダンディ・ディンモントに関するアメリカン・ケンネル・クラブの記述は、独立心、決断力があり、おとなしく、頭がいいとなっている。

人々はダンディ・ディンモントと、勇敢で機敏な動物として描かれている犬たちに魅了された。訓練の初級クラスでは、犬の飼い主を見ると、その犬の訓練課程での成果が犬自身を見る以上にわかってしまうことが多い。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

コンパニオンアニマルとしてのペット

人間が飼育する動物はいままで、人間の生活に役立てるための家畜や娯楽のための愛玩動物でした。例えば、牛や馬は家畜として、犬は番犬、猫はネズミ駆除、鳥や鯉はかわいがって楽しむためにというように。ところが近 …

no image

番犬に向かない犬と向いている犬の種類

ある四人の専門家に意見を聞いた人がいた。一人は家財や人間を警護する犬の訓練の専門家であり、残り三人は犬の訓練士と警察関係の犬の専門家である。番犬の仕事に最も向いていない犬はなんだろう。この質問では彼ら …

no image

子犬選びができるペットショップ

ケージのないペットショップペットショップで犬を買う場合は、ケージに入れられた犬を順番に見ていって、毛並みがきれい、眼が合ったなどの「何となく気に入った」という理由で買うのが普通です。ところが、ソフー、 …

no image

母鹿が車に衝突して死んでいた

母鹿が車に衝突して死んでいた。 「前に危険を警告してくれたのと同じ、あの特徴のある声で鳴いたんだ」。サヴィジはトラックを停めた。サヴィジとサンデーがトラックで家路を急いでいたとき、またもサンデーが鳴き …

no image

動物は果たして意識を持った存在なのか?

犬に思考能力がないなら人間にもそれはない、ということにならないだろうか。デカルトの主張の中には、思考能力のある存在をたんなる機械と区別するために使われた、検証にもとづくものもある。デカルトの理屈を裏返 …