雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ドッグトレーナー訓練士が聞かされる飼い主の言い訳

投稿日:

私の犬は本当はとても利口で、なんでも教えられたことはわかるんです。学校教師と同じく、犬の訓練士はひっきりなしに次のような言葉を聞かされることになる。これに続いて並べたてられるのは、次のような言い訳である。

・リーダーに生まれついていて、従うのは苦手なんです。
・気が小さすぎるんです(あるいは気が強すぎる、臆病すぎる、のんびり屋、野放図、ふさぎすぎ、はしゃぎすぎ、怠けもの、犬だと思いこみすぎている、人間だと思いこみすぎている、等々)。
・狩猟犬(あるいは牧羊犬、番犬、愛玩犬)だからで、服従には向いていないんです。
・気が散りやすいんです。
・ほかの犬たち(あるいは人間、音、光、壁などなんでも)が気に障るからです。
・もっと大事なことに気をとられるからです。
・自立心が強すぎるんです。
・飽きっぼいんです。
・こういう勉強には興味がもてないからです。

その理由は際限がない。つまるところ、犬が愚かなのではなく、ある性格的なものが学習をさまたげている、と言いたいわけである。この種の言い訳は、愛犬が知能的に劣っていると認めたくないばかりの弁解に陥りやすいが、ここにはかなりの真実も含まれている。

犬の服従訓練の初級クラスに参加

ある人のケァーン・テリアが同じことを学ぶには、一〇週間の強化訓練が必要だった。ラブラドール・レトリーパー(7位)の飼い主である女性が、あるとき犬の服従訓練の初級クラスに参加を申し込んだことがあった。なにかの理由で、彼女はそのクラスの初めに出席できず、代理人が犬を連れてきて、私になんとかお願いしますと置いていった。
正規の授業が終わったあと、しばらくその犬の面倒をみた。

一時間の訓練で、この犬は服従命令の基本七課程をすべて学んでしまった。服従訓練競技の会場に利日とはいえない私の犬たちを連れてゆくと、周囲は面白がり、ぶっと吹き出し、同情するような眼差しさえ向けられることがある。それでも犬たちは確実なしっかりした演技で私を喜ばせ、彼らと一緒に競技会を楽しませてくれるのだ。

ときには、私のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルにひとつの課題を二五回も練習させていると、あの黒いラブラドール・レトリーパーのすばやい反応がちらりと脳裏をよぎる。それでも私の犬たちは、充分時間をかけて練習させれば、訓練可能である。今後も自分の好きな犬種を飼い、訓練し続けるだろう。その性質、外見、体格、行動のすべてが気に入っているのだ、とある人は語っている。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

全身油まみれの猫を拾ってきたある子供のお話

全身油まみれの猫を拾ってきたある子供のお話。 スシールはその手には乗らないつもりだった。「だめ。猫は飼えないわ」「でもママ」とジョーは顔をしかめながら、「これはママへのお誕生日プレゼントなんだよ」「と …

no image

愛犬と一緒に旅行したいというニーズの高まり

愛犬と一緒に旅行したいというニーズの高まりにつれ、ペットと泊まれる宿、すなわち愛犬同伴宿が増加しています。大手旅行代理店関係者によると、愛犬同伴宿は二〇〇〇年頃、全国に一〇〇施設程度しかありませんでし …

no image

人々は犬をたんなる生物機械とみなそうとした

この社会の誰もがそうであるように、人間を取りまく文化によって形づくられる一連の慣習の中で育てられた。理論的思考や研究にもとづく考察をおこなう場合、私たちのまわりの文化的、宗教的、哲学的慣習から距離を置 …

no image

ハムスターの臭腺の化膿などに気をつけよう

・ハムの臭腺 臭腺の分泌物は、長鎖のエステルやアルコールの同系列の異成体が主な成分です。ハムの臭腺は、オスのほうがメスよりも発達しています。ドワハムの匂いづけは、歩きながらお腹をこすりつけるようにして …

no image

戦争中に犬に爆弾を背負わせた悲しい歴史

第一次世界大戦の時代に、犬が戦場に出た。フランス軍はとくに犬の鋭い聴覚を活用した。歩哨犬を前線のあちこちに配置したが、たいてい三〇メートルほど距離を離した二頭を一組にして使った。ドイツ軍は警備と歩哨の …