雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ドアクローザーの調整方法

投稿日:

・ドアクロザーの速度調整

ドアクロザーは、使っているうちにそのスピードが、速くなったり遅くなったりすることがあります。これは、ドアクロザー本体の側面などに付いている速度調節ネジで直すことができます。それぞれ速度と対応しています。通常このネジを右に回すとスピードが遅くなり、左に回すと速くなります。このネジは、速度が一段階しかないものは一つ、二段階のものは二つ、三段階のものは三つついています。

ブラケットを取り付けているネジや、本体とアームをつなぐネジなどがゆるんでいないか確認することも必要です。これを怠ると、開閉の際、音がするようになったり、思わぬ故障につながることもあります。ドアクロザーに使われている油の粘度が、気温や湿度によって変化するため、夏はスピードがやや速く、冬はやや遅くなります。少しずつゆるめたり締めたりしながら、速さを調節しましょう。ドアクロザーは、あまり気に止められることはありませんが、毎日確実に何度も使われるものです。定期的にチェックと調整をして長持ちさせましょう。特に小さいお子さんがいるご家庭であれば、ドアが早く閉ってしまうと危険ですから、しっかりと調整しておきましょう。

ドアクロザーの働き

・ドアクロザーの働き

ドアクロザーは油圧を利用して開閉のスピードを調節しているのですが、そのスピードの変化て三種類に分けられます。一つは開けたところから一定の速さて閉まるもの、二つ目は最初速く閉まり始め、最後にゆっくりになるもの、これが一般的なタイプです。三つ目は、一つ目のタイプが最後にもう一度速くなって確実にドアに閉まるようになっているものです。

ドアクロザーは、ドアを少し開けて止められる装置の付いたものがあります。もし付いていないようなら、取り付けはネジで止めるだけと比較的簡単。ドアクロザー本体にカバーの付いたものもあり、ドアの色などと合わせることも可能です。できれば室内のドアすべてに取り付けたいのもです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

食器類の賢い収納方法

・食器類は家族の人数分だけ収納 多くの場合、普段使う数倍もの食器が作って一まとめにすると、作業が能率的。食器棚をすっきりさせるコツは、日常で使うものを食器棚に出しておき、使わないものはしまっておくこと …

no image

モノをきちんと活かしきれるか

モノをきちんと活かしきれるか。考えるのは、使用頻度。そのモノを買った場合、使う機会はわずかか、ふつうか、ひんぱんか。モノをきちんと使い、活かしきれるかどうかを予想してみましょう。こうして考えてみて、必 …

no image

本棚の整理に図書館を利用するという方法が有効

・本棚の整理に図書館を利用する ここでは本棚の整理に、その図書館を利用することを考えてみよう。家の近所の図書館から本を借りることはあっても、最大限に図書館を利用しているは少ないようだ。いざ本を処分しよ …

no image

領収書を上手に整理する方法

・領収書を上手に整理する方法 財布のなかに入れたままとか、手帳にはさんでおいたりすると、なくしてしまったりうっかり請求しそこねたりする。出張のときは、帰ってから経費を精算するのに必要だから、もちろん領 …

no image

誤飲を防止するためのひと工夫

・誤飲しないためのひと工夫 家庭常備薬の容器は、ビタミン剤だろうが消化薬だろうが、そっくりのビンに入っていたりする。似たようなボトルに似たようなキャップ。そのうえ、引き出しなどに収納しておくと頭しか見 …