雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ドアクローザーの調整方法

投稿日:

・ドアクロザーの速度調整

ドアクロザーは、使っているうちにそのスピードが、速くなったり遅くなったりすることがあります。これは、ドアクロザー本体の側面などに付いている速度調節ネジで直すことができます。それぞれ速度と対応しています。通常このネジを右に回すとスピードが遅くなり、左に回すと速くなります。このネジは、速度が一段階しかないものは一つ、二段階のものは二つ、三段階のものは三つついています。

ブラケットを取り付けているネジや、本体とアームをつなぐネジなどがゆるんでいないか確認することも必要です。これを怠ると、開閉の際、音がするようになったり、思わぬ故障につながることもあります。ドアクロザーに使われている油の粘度が、気温や湿度によって変化するため、夏はスピードがやや速く、冬はやや遅くなります。少しずつゆるめたり締めたりしながら、速さを調節しましょう。ドアクロザーは、あまり気に止められることはありませんが、毎日確実に何度も使われるものです。定期的にチェックと調整をして長持ちさせましょう。特に小さいお子さんがいるご家庭であれば、ドアが早く閉ってしまうと危険ですから、しっかりと調整しておきましょう。

ドアクロザーの働き

・ドアクロザーの働き

ドアクロザーは油圧を利用して開閉のスピードを調節しているのですが、そのスピードの変化て三種類に分けられます。一つは開けたところから一定の速さて閉まるもの、二つ目は最初速く閉まり始め、最後にゆっくりになるもの、これが一般的なタイプです。三つ目は、一つ目のタイプが最後にもう一度速くなって確実にドアに閉まるようになっているものです。

ドアクロザーは、ドアを少し開けて止められる装置の付いたものがあります。もし付いていないようなら、取り付けはネジで止めるだけと比較的簡単。ドアクロザー本体にカバーの付いたものもあり、ドアの色などと合わせることも可能です。できれば室内のドアすべてに取り付けたいのもです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

インシュレーションボードを活用する

・インシュレーションボードを活用する インシュレーションボードは、畳をフローリング材に張り替えるとき、そのままフローリング材を張ると敷居より低くなってしまうので、間に何枚か敷いて底上げするときにも使わ …

no image

水栓の種類を覚えておこう

私たちが、日常水道とか蛇ロと呼んでいるものは、正確には水栓といいます。水栓の種類を覚えておけば、修理の糸口もつかみやすいし、リフォームにも役立ちます。水栓には、水や湯だけの単水栓(水栓、給水栓ともいう …

no image

古い家具も手入れ次第できれいにもどる

古い家具も手入れ次第できれいにもどすことはできます。 使い込んで愛着のある家具を傷つけてしまったり、椅子がギシギシきしむようになって、なんとかしなくちゃと思いながらそのままにしていませんか。骨董屋の家 …

no image

古いバスタオルの再利用方法

・古くなったバスタオルの利用術 洗っているうちに生地もやせて、コシがなくなってくる。バスタオルは、体に巻くのには大きいほうがいいが、お祝いのお返しなどにいただくと、薄くて小さめのものが多い。こういうバ …

no image

効果的な絨毯のダニ退治方法

・じゅうたんのダニ対策 じゅうたんの場合は、梅雨時と夏のあいだにダニが繁殖してしまうなんて恐ろしいことも考えられる。冬はじゅうたん、夏はゴザ、と使い分けている家庭では、シーズンオフになって敷物を押し入 …