雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ディンゴは犬型の哺乳類

投稿日:

ディンゴとして知られる種類は、身体的特徴がアジアオオカミと非常に似ており、のちにオーストラリア・アボリジニーと呼ばれるようになった遊牧民とともにオーストラリア犬陸に渡ったとされている。当時なかば家畜化されていたディンゴが、実際に人間の主人の手で意図的にこの大陸に連れてこられ、その後また野生に戻ったという可能性がある。彼らがオーストラリアに渡ったのは、海面が低かった最後の氷河期の終わり頃と思われる。

最初のヨーロッパ人がオーストラリアに渡ったとき、彼らはアボリジニーの多くが犬を飼っているのを発見した。大勢のアボリジニーが野生のディンゴの子犬を盗んで飼い犬にしていたのだから、それも当然だろうが、初期の探検家の何人かは、その犬たちは野生のディンゴと見分けがつかないと指摘している。犬たちは大事にされ、重宝がられ、狩猟ではさかんに使われていた。ディンゴはオオカミとほぼ同じように群れを形成する。

犬型の哺乳食肉動物

ディンゴはオーストラリア犬陸では唯一、犬型の哺乳食肉動物である。人間に育てられたディンゴは忠実で頼もしい家庭犬になり、ほかの家犬たち同様信頼できる存在になった。イヌ科のほかの種族と同じく、ディンゴは子どもを産むときは巣穴のような場所を選び、木のうろに巣を作ることも多い。七五頭以上という巨犬な集団も目撃されているが、ふつうは五頭から六頭ぐらいの群れで狩りをおこなう。

そしてほかのイヌ科動物と同じようにテリトリー意識が強く、自分のテリトリーを守ると同時にほかのディンゴの群れのテリトリーを尊重する。ディンゴの尾はオオカミ同様垂れていて肝門を隠しているが、ほかの野生犬の尾はたいてい短く、背中の上に巻き上がっている。アフリカやアジアの野生犬はディンゴと非常に似ていて、やや骨が太く全体にがっしりしているところだけがちがう。家犬の中でバセンジーはこの野生犬に最も近く、アフリカの旧コンゴやスーダンの地域に生息する野生犬と外見上は酷似しているようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ドワーフハムスターの飼い方の注意点

ドワハムの中でも、とくにジャンガリとキャンベルは、太りやすいことで有名。これは、彼らがたくさん運動しなくてはいけないのに、カロリーが消費できない環境で飼育されているからです。体が小さいからケージも狭く …

no image

犬と人間の違いはある種の知的能力を所有する程度の差

人間も犬もともに感情をもつが、人間のほうがより複雑である。人間も犬もともに学習し、記憶し、問題を解決し、経験から学ぶことができるが、人間のほうがそのいずれにおいてもまさっている、という。犬の知能に関す …

no image

聖ロクスの物語-かたわらで番をした忠実な犬

聖ロクスの物語。彼は疫病で倒れたとき、パンを運び、かたわらで番をした忠実な犬に命を救われている。それほど知られていないが、かなり時代が新しいのは、聖ジョン・ボスコの物語で、彼は二〇世紀に手が届く時代に …

no image

犬の散歩のしつけや吠える場合などの対処

必ずリードをつける。リードは張らないようにし、飼い主に寄り添って歩くリーダーウォークを基本に、ほかの犬とすれ違っても、落ち着いていられるようにしつける。吠えたり近づこうとして引っ張ったら、座らせて制御 …

no image

犬の服従訓練トライアルの目的

アメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)とカナディアン・ケンネル・クラブ(CKC)のいずれも、犬の服従訓練トライアルの目的をほぼ同じ言葉で書き表している。服従訓練競技会で要求される能力は、いたって簡単で …