雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ディーラーの対応が信頼できないなら担当をかえてもらおう

投稿日:2014年10月30日 更新日:

アフターサービスの面でも、デキる営業マンに担当してもらったほうがトクなことが多い。能力の低い営業マンに当たってしまうと、社内での影響力が低いので、ちょっとした無理も聞いてもらえないし、もちろんサーピスも悪くて、悲劇以外のなにものでもない。車の購入の成功・不成功は、営業マンで決まるといっても過言ではない。

電話で伝言してもかけ直さない、約束の時間に遅れる、契約後にブッツリと連絡がなくなるような営業マンは問題外だ。最初に販売店にいったときに、その営業はマンの能力まで推し量ることはむずかしい。しかし、もし途中で能力がないと感じるような出来事があれば、所長などに申し出て担当をかえてもらおう。これは購入後でもおなじ。

取得税の領収書

車を取得した場合の取得税は、車の購入時に販売店を通じて税務事務所に支払われるのが通常だ。
その場合当然、領収書は税務事務所が発行したものが、販売店を通じて購入者に渡されることになる。
ところが、ごくまれに、その領収書を税務事務所発行のものではなく、自社発行の領収書などで済ませてしまう営業マンがいる。これは明らかに怪しい。
領収書を紛失したからなどと言い訳するかもしれないが、その営業マンが差額をごまかし、浮いたぶんをネコババしたと疑ってかかるべきだろう。
中古車の場合などはとくに注意が必要で、こんな店で購入すると、他にどんなことをゴマかされているかわかったものではない。

車の買取査定を上げる色々なポイント

強気な営業マン

物腰はやわらかいし丁寧だが、とにかく自信たっぷりで、私からこの車を買っていただければ、ぜったいにまちがいはありません、といった雰囲気が漂っているようなときおりじつに強気な営業マンがいる。このタイプの車の営業マンの中には、強気といっても傲慢な態度だったり、喧嘩腰だったりというわけではない。

こうした営業マンは優秀な場合が多いので、その人から車を買うのはけっして悪いことではない。
ただ、ついつい勢いで車を買ってしまうことがある。相手の強気に押されて、買うとあとで後悔するもとなので、ひとまず退散し、冷静に考えてから返事をしよう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車を買うことは難しい-たちの悪い客になるな

中古車購入とは、難しいものなのである。店によって商品の考え方は違い、それまで使われていた状態を見てもらうために、あえてクリーニングせず、仕入れたままの状態で展示し、買い手がっいて初めて仕上げる店もあれ …

no image

外車と輸入車という言葉の持つ意味と過去の歴史

ガイシャ、という言葉には、特別な物、という意味が多分に含まれていた。それは、ガイジン、という言い方にも通じるものだ。外車と輸入車、結局は同じものを指す、この2つの言葉には、じつは、ちゃんと意味の差が存 …

no image

輸入車ディーラーは都市部に比べて地方には少ない

クルマの場合判を押してしまうとクーリングオフが効かず、契約が成立してしまうから注意したい。見積書と称して、そこに注文書のタイトルが併記されており、見積書の方を消せば契約書に化けてしまう、という酷いやり …

no image

ミニバンワンボックスを選ぶ際の注意点

最近人気のミニバンは、たしかに7人乗りなどゆったり乗れて便利そうだが、ミニバンの場合、乗用車より10~20%は車体が重い。おまけに重心が高いので、曲がるときのバランスもいいとはいえない。家族が多いとか …

no image

セルシオは素晴らしい-性能のまとめと技術力の意味

セルシオは日本ではきわめて好調だった。国内では月に3000台の生産予定で、その国内ぶんは6カ月ぶんを売り尽くした。新しいセルシオは、きわめて素晴らしいクルマである。しかし、それを手放しでほめたたえるこ …