雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ディーラーの営業マンの名刺はとっておくほうがいい理由

投稿日:2014年10月30日 更新日:

新車ディーラーでは、最初に接客した営業マンが半永久的な担当となるため、理由もないのに別の人から買うのは、マナー違反ともいえる。じっさいにその店で購入するのなら、なるべく名刺をくれた営業マンを指名すること。たとえ下見のお客とわかっていても、新車ディーラーの営業マンは、かならず名刺を渡してくる。これは、買うときは、ぜひ私からというあいさつ。

自分のところにお客が戻ってくると、営業マンとしてはとてもうれしいものだ。こうすれば、値引きなどのサービスも期待できる。こうした理由から、名刺はなくさないほうがいいのである。名刺をもらったら、名刺入れや財布などに大事にしまっておきましょう。

アフターケア

店によっては、新車販売店で買うよりも価格が安い場合もある。しかし、メーカー系列の販売店で新車を買うメリットも忘れてはならない。新車はディーラーでしか買えないわけではなく、中古車店や整備工場でも取り寄せる形で購入することができる。

営業マンの車についての知識にも、中古車店と新車販売店では差があるし、整備工場も同様だ。新車販売店は、単に車を売るだけでなく、日常のサービスや点検整備や相談、さらに事故の場合の修理、保険手続きなど、あらゆるメンテナンスを兼ね備えているのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

人気車種より新古車

発売されたばかりの新車がそんなかんたんに見つかるわけもないが、オークションで探してきてもらうなどの工夫をすればなんとかなる。発売されて間もないような人気車種だと、予約がいっぱいで3か月以上待っことも珍しくない。

こんなとき、ただ待っているよりも中古車店におもむき、新古車を探すほうが早いこともある。ただし、すでに新車を予約してある場合、キャンセル料発生の可能性などは頭に入れておこう。ただ、こうやって購入する場合、ヘタをすれば新車より値が張ることもあるが、何か月も待ちたくない、という人には魅力的な方法ではないだろうか。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

フォードモンデオ-これといったイヤ味のないデザインと走り

GMの欧川戦略の核がオぺルなのに対して、フォードが自前で作った現地メーカーがドイツフォード。 日本にはモンデオが導入されているほか、革新的な小型車、Kaが上陸している。 成り立ちから言っても、製品の味 …

no image

自転車の良いブレーキとは

良いブレーキとはブレーキ・ペダルを軽く踏んだだけでよく効くブレーキの効き(制動力)が常に比例関係にあることが第一です。安全上、スピードが出る車になればなるほど、ブレーキの効きが重要になっていくことは当 …

no image

コンパクトカーなら外車がかなりおすすめ

ロールスロイスは、購入希望者の身辺調査をしたと言われる。人前に乗りつけた時の話題性や見栄えもいいが、本国におけるそれらは、国産高級車よりはるかに乗り手の資格を選ぶ。なぜなら、ヨーロッパでは未だに階級が …

no image

外国車に乗るためにはある程度の理解が必要

その目的や主な使い方によって、そのクルマに与えられた性格も異なる。輸入車というのは日本人とは違った感覚や文化を持った人々によって作られ、また違った道路環境や気候の下で生まれてきたものだ。輸入車に乗るた …

no image

アルテッツァの魅力は後輪駆動

アルテッツァの魅力のポイントは、後輪駆動ということ。コーナーで尻を滑らせることができるできないといった問題でなく、たしかに後輪駆動は、日常的に乗って気持ちがいい面が多い。トルクもそこそこ出ているし、こ …